プラスα空間

ブログ in お市 のーと

だんだん(第21週)♪負けないで♪[訂正あり]

先週立てた予想は、おおかた当たっていました。石橋はまだ研修医ですね。花香が舞妓を辞めていたのはびっくりです。

今週は、話がいきなり3年後なので、説明が多い週でした。今までの設定の無理を切るために、時間をとばしたのでしょうか?

芸妓の名取とは舞の師匠の姓をもらう事で当たっていました。以前、調べた通りです。

【あらすじ】

めぐみはひなげしで介護福祉士として働きながら、看護師の資格を取るために頑張っています。石橋は、研修医として働いています。のぞみは芸妓井上夢花として、名取になれました。康太は呉服屋「いち條」で働いています。みんなそれぞれの道を進んでいます。介護福祉士をしながら看護師の資格を取るのは、相当無理があるようです。結局、ひなげしを辞めてしまう事になりました。石橋は、総合医になるのか専門医になるのか悩んでいます。

【シーンと感想】

3年後にジャンプです。2007年。田島めぐみ(三倉茉奈)は、松江第一病院の実習生になっています。同じ病院で、石橋友也(山口翔悟)が研修医として働いています。めぐみと石橋の会話を聞いていると、いつの間にか、恋人になっているような…。

めぐみは、ちゃんとコミュニケーションをとれる、しっかりした実習生のようです。何をするにも、コミュニケーションが一番大事ですからね。

「いち條」は、和服にも洋服にも似合うマント「いち條マント」が大ヒットして、持ち直したようです。高級品だから、単価はそれなりなんでしょう。マントは一時しのぎだと思うけどなぁ。本業の着物を売れる体制にしないと、今後、またひどい状態に戻るんじゃ無いでしょうか?

山田康太(久保山知洋)は、「いち條」で働いています。一条隆康(夏八木勲)に声をかけられたとか…。松江に戻って船長にならなかったのは、康太は、めぐみよりものぞみを選んだと言う事でしょうか? 康太は、少しずつ着物の仕事を覚えているみたいです。いつかは、夢花(一条のぞみ、nozomi:三倉佳奈)の着る着物を作りたいとか…。

花鶴(京野ことみ)は、マンションで一人暮らしを始めたようです。年季は明けたのでしょうか?

田島健太郎(木咲直人)は、宍道湖自然研究所に就職したようです。上手い具合に、行き先があって良かったですね。

坂下俊(東島悠起)は、全国ライブをこなしているようです。俊がギターでやっているなら、nozomiだって歌でやっていけたのでは無いでしょうか? サリーミュージックを辞めたせい? 舞妓姿で歌えなんて言うから…。

のぞみの携帯電話が新しくなっていました。(121)

久しぶりに、雅堂北島章三社長(田畑猛雄)が現れました。夢花の舞を絶賛します。夢花は、温習会で大役を貰ったそうです。花雪を超えた? でも、花雪に言わせると、夢花の舞はまだまだだそうです。その年齢に応じた舞があって、舞に到達点は無いと…。夢花は、舞妓時代は舞はお客様のためだと思っていたけど、今は自分のためだと感じるようになったようです。それは、歌手を経験したからだとか…。私は、芸はお客様を喜ばせるためだと思いますが、違うのかな? 自分の気持ちを高めれば、お客様に受け入れてもらえると言う事でしょうか?

「まつもと」に石橋が食べに来ています。松江第一病院と「まつもと」は近いのでしょうか? 石井真弓(河合美智子)はおめでたのようです。妊娠10ヶ月とか。子宝に恵まれず、気にしていたと言う設定だったから、これで解消でしょうか? 無事に産ませてあげて下さい。ヘルン先生(田中彦四郎:曽我廼家八十吉)一家は松江で暮らしているようです。田中節(久保田晃子)は15歳になりました。高林(田中)知美(辻沢響江 つじさわ きょうこ)は、松江のデイケアセンターで働いているようです。節は、舞妓になりたいようです。なんで又…。のぞみが松江に来て苦しんでいる姿を見ていなかったかなぁ。

俊は、ギタリストとして大成功しているようです。ギターだけでCDも出しているとか…。そんなに才能があったのか? サリーミュージック竹中敬三部長(円広志)の最初の評価では、ギターはまあまあと言う程度だったのに。SJの時は、メジャーデビューしようとするバンドに入らないか? と声をかけていたくらいですから、有望だったのかも知れません。でも、全国公演どころか中国公演をするほど、秀でたものがあるのでしょうか? それだったら、まだnozomiの方が可能性があったように思います。竹中が舞妓姿で歌わせるなんて言わなければ…。イーリン(チェン・チュー)は中国に帰ったんですね。貿易会社で働いているとか…。俊とイーリンは別れたのか、まだ付き合っているのかはっきりしません。「花むら」の座敷に、なぜ康太が来ているんでしょうか? わかりません。謎が多いです。

康太は、舞について知識をそれなりに持っているようです。夢花が舞っていた「露の蝶」を解説していました。「恋に破れた女が、花に遊ぶ蝶を見てうらやましがる舞」だそうです。

めぐみは、ひなげしでも失敗してしまいました。川口喜義(笑福亭松之助)を夜中に着替えさせると言う注意を、もうろうとして聞き漏らしてしまっていたのです。めぐみは、仕事で失敗ばかりする役でかわいそう…。(122)

結局、川口は大事をとって一日入院する事になりました。ミスが命取りになりかねませんからね。

温習会が始まったようです。夢花の舞は、見事だったようです。「花むら」に美香(花香:伊藤麻衣)がやってきました。花香を見かけないと思ったら、舞妓を辞めて、実家に帰ったようです。花香には、舞妓の才能が無かったのでしょうか? でも、実家が商売をしていて良かったですね。帰れる所があって…。看板娘をやっていて、舞妓時代の経験が役に立っているようです。同じ接客業ですからね。接客だけでなく、おまんじゅうも作っているみたいです。

花香が舞妓を辞めた一方、節は舞妓になりたい事が両親に知れます。めぐみが、ヘルン先生と高林にばらしてしまいました。言っちゃって良かったのかな? ヘルン先生も高林も、節が舞妓になる事に反対します。節がなぜ舞妓になりたいかは、まだ語られていません。節が舞妓になるとしたら、やはり「花むら」に行くのでしょうか?

「いち條」の番頭の酒井伸一(三谷昌登)と、一条真喜子(花雪:石田ひかり)の間に、一瞬縁談があったようです。真喜子がのぞみを連れて、「いち條」に帰ってきた時です。その縁談のせいで、真喜子が祇園に戻ったと言う事で、康太が納得していました。康太がそう考える気持ちはわかるけどサー。

めぐみの松江第一病院での実習は、小児科から消化器内科に変わりました。実習期間は2週間のようです。消化器内科には、石橋が研修医として勤めています。めぐみの担当は、302号室の牛島幸平(蟷螂 襲)と言う、医者の言う事を聞かない、問題のある患者のようです。めぐみの担当する人は、癖のある人ばかりですね。いじめられている?

消化器内科医長の中山俊郎(宅麻伸)が緊急バルーン手術で不在の間に、患者が苦しみ始めました。石橋が診察するのですが、症状を見ただけでは病名が判らず、腹部CTスキャンで検査する事を指示します。看護師が、帯状疱疹を疑うのですが、石橋には判りませんでした。結局帯状疱疹でした。帯状疱疹って、よくある症状じゃ無いんですかね?

マックバーネーは、急性虫垂炎で痛くなる部分のようです。ディファンスって何でしょう? CVAテンダネースもわかりません…。

中山先生と面談です。何でもかんでも検査に頼らず、自分の目で目の前の患者の変調を見る事が大事なんだそうです。検査ばっかりしている、未熟な医師を「ナカトリ先生」「ナトカリ先生」(訂正 2009-3-2 1:51)と言うそうです。血液検査をして、ナトリウム、カリウムの血液濃度を調べても、何も判らず、実は血液検査のしすぎで、貧血を起こしていたと言う話です。

石橋は、ワイルドダックで的確にWPW症候群を見抜いたのに、帯状疱疹を見落とすとは…。

中山先生と話している時、後藤辰夫(伊武雅刀)が入ってきます。西の島病院の院長とか…。後藤は石橋に、病気を診ているのか、病人を診ているのか問います。石橋は、まだ答を見つけられないようです。(123)

めぐみは、利用者と心の会話が出来ないと、悩んでいます。石橋は、知識ばかりに頼ってしまうと悩んでいます。そして、二人とも自分のミスが人の命を左右する事を怖れています。大変な職業を選んでしまいました。

祇園喫茶鴨東(おうとうかもひがし 訂正 2009-3-10 22:25(ご指摘ありがとうございます))で、のぞみと康太が話しています。康太がのぞみに告りました。のぞみのそばにいて、ずっと見守りたいと…。康太を「いち條」に誘ったのは、のぞみなんですね。のぞみも(康太に)その気が在ったと言う事でしょうか? でも、潰れそうだった「いち條」に、何故誘う?

田島家に、真弓が来ています。その後、高林と節が来ました。節は本気で舞妓になりたがっているみたいですが、動機がわかりません。舞妓の大変さは、ネットで調べたそうです。でも、ネットよりも、生の声だと思うけどなぁ。「花むら」の人に聞いたら、取り込まれてしまうでしょうか? めぐみは、ある程度客観的に見ています。それを見越して、高林が頼ってきたのでしょう。

そんな時、真弓に陣痛が来ました。松江第一病院に担ぎ込まれたようです。何故か、消化器内科で実習中のめぐみが産婦人科にいます。なして〜? 赤ちゃんは無事生まれました。良かった〜。男の子で、八代目決定です。職業選択の自由無し…。親の育て方によると思いますが…。

川口が、夜中にひなげしを徘徊しています。相変わらず、めぐみを川口の娘の清子と間違えています。めぐみが川口の事を思い切ってお父ちゃんと呼んだら、川口は安心したようです。めぐみは、川口の過去をきちんと調べて、娘さんを探したらどうかと提案しますが、それはダメだと却下されます。まぁ、難しい問題ですからね。

めぐみがめまいを起こしてしまいました。徹夜明けで無理するから…。学校が休みでも寝ずに勉強していて、そのまま真弓のお産に付き合って、それからひなげしで夜勤で徹夜ですからね。無茶です。夜勤の前は、寝ておくでしょう。(124)

めぐみは過労で倒れ、自宅療養中です。初めて石橋に会った頃の夢を見ていました。そこへ、石橋が現れます。部屋に上がり込んでいます。石橋はめぐみを診察します…。微熱があって、脈が弱っているので、このまま療養するように、伝えられます。「僕のためにも」って、告白? それにしても、寝ているめぐみって、なんてカワイイのでしょうか。めぐみをベタベタ触る石橋がうらやましい…。

めぐみは今回の事で、介護福祉士の仕事を続けながら、看護師の資格を取るのは無茶だと気付きます。後半年で看護学校を卒業なので、看護師の資格を取ってから、その後どうするか決める事にしたようです。ひなげしを辞めるって…。休職扱いにしてもらえないんですかね? 看護師の資格を持っている介護福祉士って、貴重だと思うんですけど。

石橋はめぐみを診た後、そのまま田島忠(吉田栄作)と健太郎と一緒に呑みながら話をします。石橋は、医者になろうと思った時は、石橋拓也(石橋のお父さん)の様に、総合医を目指していたようです。でも、臨床を進めるに従って、総合医になるか病気の専門医になるか、迷ってきたそうです。忠はそんな石橋に、患者に育ててもらえば? と助言します。忠は、宍道湖の蜆からいろいろ学ぶ事が在るようです。そういう気持ち、わかります。私も子育てをしながら、子供に気付かされる事がたくさん在ります。

夢花の温習会での実力が認められて、名をもらう(名取になる)事が決まったようです。のぞみは、一番に康太に報告します。のぞみの中では、康太の占める割合が大きくなっているようです。二人は、一緒にめぐみに電話して、報告します。めぐみはのぞみに、デートしているのか? と突っ込みますけど、どうして二人が近づきつつある事を知ったのでしょうか? 双子の力?

「いち條」に居る隆康に知らせの電話が入るのですが、何故かその場に康太が居ます。隆康への電話は、相当後回しになっていたのでしょうか? そうじゃないと、康太がその場にいる事の説明がつきません。喫茶祇園鴨東で、のぞみと一緒に抹茶プリンを食べてたのに…。

夢花は、名取式の後「井上夢花」を名乗る事を許されました。平成19年10月の事です。お世話になった人を招いて、舞を披露するそうです。夢花の口からは、めぐみ、康太、俊、石橋を呼びたいと出ました。花雪からは、田島家を呼びたいと出ます。雅堂北島社長とか後藤とかは、ちゃんと呼ばれるんですよね?

花村久乃(藤村志保)は、将来「花むら」を畳むつもりのようです。もう、仕込みは取らないと…。節の行き場は?

めぐみのパソコンと携帯電話が新しくなっていました。(125)

「まつもと」で、真弓の退院祝いをしています。八代目の名前は真弓の真の字をとって「真宗(まさむね)」に決まったようです。お酒の話を抜きで考えれば、良い名前では無いでしょうか?

「いち條」では康太が悩んでいます。シジミジルのめぐみものぞみも俊も頑張っているのに、自分だけ情けないと。康太は、観光船の
船長になる事は、もう考えていないのでしょうか?

真喜子から田島嘉子(鈴木砂羽)に、夢花が名取になった事が伝えられます。嘉子は、名取の意味がすぐにわかったようですが、たいしたものですね。

夢花は「花むら」が無くなるのは嫌みたいです。花雪が女将にならないなら夢花が女将になるか? とてんご(冗談)を花雪が言います。夢花は困った顔をしていました。何かの伏線でしょうか?

めぐみは、ひなげし最後の日を迎えました。でも、利用者にお別れを出来ません。利用者を不安にさせてしまうから…。ひなげしでは、介護福祉士をしながら看護師の資格を取れると言っても、昼は看護学校か実習、夜は夜勤、土日は日勤と言う勤務を強いる体制には無理があるんじゃ無いでしょうか?

「まつもと」でめぐみと石橋が話しています。前は、「ワイルドダック」でだったのに、今度は「まつもと」と言うパターンが多くなりました。めぐみも石橋も、これからどう進もうか迷っています。めぐみは、看護師の資格を持った介護福祉士になるのか、介護福祉士の資格をもった看護師になるのか、決められません。石橋は、総合医になるのか専門医になるのか迷っています。非常に単純に言ってしまうと、病人を診るのか病気を診るのか…。医者にとって、根本的な事の様です。

石橋は余裕が無くて、病人に深くかかわる事が出来ないと言います。めぐみは石橋の手伝いを出来るかも知れないと言います。これが、将来を暗示しているのでしょうか?(126)

【次週の予告から】

節はやはり「花むら」に?! 初枝が倒れる!!

【前半】

第1週〜第8週は↓DVD-BOXでどうぞ。

【後半】

第9週〜第17週は↓DVD-BOXでどうぞ。

第18週〜最終週は↓DVD-BOXでどうぞ。

コメントを残す