アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

超劇場版ケロロ軍曹

タイトル超劇場版ケロロ軍曹
原作吉崎観音監督近藤信宏
脚本池田眞美子音楽鈴木さえ子、掛川陽介、本澤尚之
ジャンルアニメ公開日2006年03月11日
視聴スタイル
  • 映画館
  • レンタル(ネット)
評価★★☆☆☆視聴日2015年04月19日
あらすじ

ケロロが謎のツボを壊してしまい、接着剤で修復しました。ですが、修復は完全でなく、中に封印されていたキルルの復活を許してしまいます。そして、ケロロの鼻には謎の消せない「×」マークがつきます。

ケロロは悩みますが、気がついたときには周りの人々にも「×」が付いており、さらには「×」マークのあるもの同士でテレパシーが使えることがわかりました。

喜んでいたのもつかの間、その「×」マークは、負の感情を集めてキルルに送るものだったのです。エネルギーを送られたキルルは巨大化し、やがて分裂してその惑星を占領してしまうのです。

同じくして現れたミララ。実は、キルルを封印するための鍵だったのです。冬樹とケロロ達は、キルルを封印するために行動します。

心に残ったシーン

冬樹とケロロが信頼を取り戻し、キルルの「×」印が消え、ミララの「○」印になるシーン。

感想

ストーリーは単純で、伏線なども特にありません。テレビでケロロ軍曹を見ていた人なら楽しめると思います。逆に、テレビを見ていないと、設定がわからずに戸惑うと思います。テレビを見ていない人が、ケロロ軍曹の映画を観に行くとは思えませんが。

冬樹の声優さん川上とも子さんは、もう亡くなっているのだなぁと思いながら見ていました。

昔、映画館で見た覚えがありますが、全くと言っていいほど、ほとんど覚えていませんでした。途中、ゾロリが出てくるところだけは覚えていました。

視聴記事

映画鑑賞ノート

コメントを残す