アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

きみと、波にのれたら

タイトルきみと、波にのれたら
原作監督湯浅政明
脚本吉田玲子音楽大島ミチル
ジャンル青春公開日2019年06月21日
視聴スタイル映画館
評価★★★★☆視聴日2019年06月23日
あらすじ

サーファーの、向水ひな子が引っ越してきたマンションの隣で、不法に打ち上げた花火で、ひな子のマンションが家事になります。屋上に逃げたひな子を、消防署の雛罌粟港(ひなげし みなと)が助けます。

その後、ひな子と港は交際し、デートを重ねていきます。冬のある日、港は一人でサーフィンの練習をしている時、溺れている人を助けようとして、命を落としてしまいます。

絶望に明け暮れるひな子の前に、港が水の使いとなって、現れます。

心に残ったシーン

水の描写

オムライスの卵を開くシーン

クリスマスツリーのシーン

感想

誘われて観に行って来ました。あまり期待していなかったのですが、面白かったです。

伏線が何本かあり、綺麗に回収されていました。ある程度は予想の付く物だったのですが、最後の伏線は予想外で、感動しました。

港の死亡フラグが頻繁に出て来て、やばいな〜と思っていたら、やっぱりそうでした。

視聴記事

きみと、波にのれたら

映画鑑賞ノート

コメントを残す