アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

卒業〜スタートライン〜

タイトル卒業〜スタートライン〜
原作監督谷進一
脚本小西貴美子、谷進一音楽ten10%pa
ジャンル青春公開日
視聴スタイルその他
評価★★★☆☆視聴日2019年03月30日
あらすじ

ろう学校で口話教育が推進され、手話が禁止されていた時代(昭和40年)のお話です。

授業は口話で進められ、ろう者の生徒達は、授業がわかりません。生徒達は、自分達の要望を先生達に伝えようとしますが、先生達は話し合いから逃げます。生徒達が取った手段は、写生大会のボイコットと、学校周りでのビラ配り。やっと、要望が先生達に伝わり、徐々に変わっていったかに思えました。

ですが、卒業式を迎えるにあたり、結局何も変わっていなかった事がわかります。

心に残ったシーン

卒業生の答辞のシーン。

エンディングロールの4Disabilities(よんディスアビリティズ)の歌「なぜ?」。

感想

口話教育が進められていた頃のろう学校の話は知っていましたが、映像で見ると、より実感できます。こんな授業を受けていたら、授業の内容を理解できるはずがありません。不遇な時代が改善されたのは、ここ30年前程度です。

卒業生が、先生に逆らっての答辞のシーンは、胸のすく思いでした。

エンディングロールに流れた、4Disabilitiesの「なぜ?」もよかったです。生徒会長役の西田敬康(にしだたかやす)さんの手話表現がめちゃくちゃ素晴らしいです。大好きです。普通の手話歌は、歌詞に手話がついてくる感じですが、西田さんの手話歌は、手話に歌詞がついてくる感じです。

視聴記事

卒業〜スタートライン〜

映画鑑賞ノート

コメントを残す