アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

はやぶさ/HAYABUSA

タイトルはやぶさ/HAYABUSA
原作監督堤幸彦
脚本白崎博史、井上潔音楽長谷部徹、瀬川英史、横山克
ジャンル歴史公開日2011年10月01日
視聴スタイルレンタル(ネット)
評価★★★☆☆視聴日2019年04月29日
あらすじ

小惑星探査機「はやぶさ」の計画からサンプル持ち帰りまでのストーリ。

「はやぶさ君の冒険日誌」の著者小野瀬直美さんを、主人公水沢恵として再構成。

心に残ったシーン

一度目の着陸に失敗し、素早い判断で地表から離れたシーン。

生き残ったエンジン本体と中和器をつないで運用するシーン。

感想

小惑星探査機「はやぶさ」のエピソードが感動的にまとめられています。結末がわかっていても、ドキドキしました。

中和器を利用して姿勢制御するエピソード、エンジンを再構成して帰還に使うエピソードとか、最期にはやぶさが送った地球の写真とか、重要な場面が取り入れられていました。

Wikipediaで「はやぶさ」の記録を見ると、本当に良く帰ってこれたなと思います。

視聴記事

はやぶさ

映画鑑賞ノート

コメントを残す