アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

網走番外地

タイトル網走番外地
原作伊藤一監督石井輝男
脚本大島渚、石堂淑朗音楽山田栄一
ジャンル仁俠公開日1965年04月18日
視聴スタイル
評価★★★☆☆視聴日2015年04月19日
あらすじ

やくざ者の橘真一が人を切り、網走刑務所に収監されます。その彼の元に届いた妹からの手紙には、母がガンで余命がないから、あって欲しいと書かれています。

母に会うため、一刻も早く出たい彼でしたが、牢名主の依田の脱走計画に巻き込まれ、仮出所の決定が下りた日に脱走に巻き込まれてしまいます。

なんとか逃げ切り、依田との鎖も切れ、走り出した橘の耳に届いたのは依田の「おっかさん」の声。依田もまた、母に会いたかったのです。自分自身の事も顧みず、依田を助けるのでした。

心に残ったシーン

依田による脱走計画が実行されようとした時、阿久田(鬼寅)の機転により、脱走計画が止められたシーン。

機関車に鎖を切らせるシーン。

感想

タイトルは知っていましたが、全く見る機会がなかったです。GYAO!の会員無料映画になっていたので観ました。

橘真一が脱走計画に巻き込まれながら、その計画を直前で終了させた阿久田(鬼寅)が格好良かったです。

せっかく、脱走計画から逃れられたと思ったのに、依田の強行脱走に巻き込まれ、追跡を逃れるシーンも良かったです。

脱走計画の途中で、依田が保護司・妻木の奥さんと知りながら傷つけたりしているのを見ていると、依田の極悪ぶりに無性に腹が立ちました。ですが、最後に怪我をしてからの「おっかさん」のセリフで、やはり人の子だったのかと素直に思わせる演出が良かったです。

機関車に鎖を切らせるシーンでは、依田の腕を挟んでレールが2本見えたので、鎖ではなく依田の腕が切り落とされるのではないかと、ハラハラしました。直後の依田が唸るシーンで、「やっぱり...」と思ったのですが、怪我をしたのは頭でした。

視聴記事

映画鑑賞ノート

コメントを残す