アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

万引き家族

タイトル万引き家族
原作是枝裕和監督是枝裕和
脚本是枝裕和音楽細野晴臣
ジャンルファミリー公開日2018年06月08日
視聴スタイル映画館
評価★★★☆☆視聴日2018年06月17日
あらすじ

血の繋がりなしに、生計を共にする家族。収入は遺族年金と日雇いとパートの給料。

父役と息子役が、万引きを終えて帰る時、祠の中に少女がいます。児童虐待のため、逃げてきていたのです。その少女を連れて帰ります。

そんな中、父役は怪我をして日雇いに行けなくなり、パートは人員整理で首になり、収入は祖母役の遺族年金のみになります。その祖母は、ある朝、おそらく老衰のために亡くなりました。親族ではないため、死亡届も出せず、また遺族年金ももらえなくなるため、家の中に埋めてしまいます。

息子役と娘役が、スーパーに行っている時、万引き技術も無い娘役が万引きしようとして、店員に見つかりそうになります。それを察した息子役が、店員の目を惹きつけるために、商品をばら撒けて、商品を持ち出して逃げ出します。追いかけられて逃げる最中に、高架から飛び降りて怪我をします。

病院に運ばれるものの、治療費は出せません。残りの家族は、夜逃げしようとしますが、見つかってしまいます。

母役は、死体遺棄の罪を一身に受けて、投獄されます。

心に残ったシーン

駄菓子屋の店主が、子どもたちが万引きをしているのを知りながら、わざと見逃していて、ゆりが万引きした時には、「妹にはさせるなよ」と言ったシーン。

感想

評判が良くて観に行きました。現代社会の様々な問題を濃縮した映画です。貧困、児童虐待、不正年金受給、雇用問題。これらの問題が、一つの家族に課せられています。不幸な人が、より辛い目に遭う、不公平な状況。

血の繋がりも無いのに、お互いを尊重して支え合っています。血よりも深い、鉄の華でしょうか。

視聴記事

映画鑑賞ノート

コメントを残す