プラスα空間

ブログ in お市 のーと

GPUが壊れても、代わりはあるもの[追記あり]

また、また、また、Macbook Pro 15 (Early 2011)のGPUの調子がおかしくなりました。

こんな感じで、故障と修理を繰り返しています。

そして、3月に一度だけ、GPUがおかしくなる症状が再発しました。でも、写真を撮るのを忘れました。

先日の日曜日、Windows8をWindows8.1にアップグレードしようとしたら、次のエラーになりました。

Windows 8.1 upgrade失敗

エラーコード0x8007001fです。どうも、ハードウェアエラーの様です。

確かに、Windows8で、HD6750Mが動いていないと言うメッセージが出ていました。

ATI RADEON HD6750M故障

その後、Apple Careサポートセンターに電話して、「Macで使っていて、画面がおかしくなる」症状を伝えた所(もちろん、サポート外なので、Windows8.1アップグレードの話はしません)、再修理になりました。明日、引き取りに来ます。こちらももう慣れた物で、バックアップも終了しました。

その後、GPUをガンガン使うグラフィックソフト「Pixelmator」を使って絵を描いていたら、まんまと再現しました。

今度は、ちゃんと写真を撮りました。「目」の部分がリピートされて表示されています。これは、表示だけの問題で、グラフィックデータの方は壊れていないのです。

GPU故障

私の場合、「どのMacでもMy Mac」と言う環境を立ち上げてあるので、代わりのMacで作業できます。

具体的には、外付けHDDにシステムとユーザ領域を入れて、そのHDDから起動する事で、通常使っている環境と同じ環境を、他のMacで再現できる様にしています。

もうすぐ、Apple Careの延長保証期間が終了するので、これが最後の無償修理となります。その後再発したら…。我慢して使うか、買い替えるかですね。

次のページから申し込むと、非常にスムーズに修理が進みます。

(追記 2014-04-12 02:35)

Windows8でのHD6750Mの状況を追加しました。

コメントを残す