アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

未来のミライ

タイトル未来のミライ
原作細田守監督細田守
脚本細田守音楽高木正勝
ジャンル公開日2018年07月20日
視聴スタイルその他
評価★★★★☆視聴日2018年07月16日
あらすじ

くんちゃんに、妹が生まれます。両親は妹のミライにかかりっぱなしになり、くんちゃんはヤキモチを焼きます。そんなくんちゃんが中庭に飛び出す度に、未来から来た妹のミライや、他の色々な人と接して、自分の居場所を見つけます。

心に残ったシーン

くんちゃんが、犬になるシーン。

未来の東京駅のシーン。

 

感想

試写会で観て来ました。

Twitterを検索したら出て来たのですが、最初、くんちゃんの声に強烈な違和感がありました。でも、それ以外は、普通に楽しめました。伏線が散りばめられており、丁寧に回収されていました。

どうして、様々な人たちが現れるのかとか、その意味について語られることはなく、個々人で解釈するしかありません。私は、くんちゃんの居場所を見つけるためだと理解しました。

未来の東京駅のシーンは、なんとなく、イヌカレー空間っぽくて、笑いました。

視聴記事

映画鑑賞ノート

コメントを残す