アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

ゼロ・グラビティ

タイトルゼロ・グラビティ
原作監督アルフォンソ・キュアロン
脚本アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン音楽スティーヴン・プライス
ジャンルSF公開日2013年12月13日
視聴スタイルレンタル(ネット)
評価★★★☆☆視聴日2018年03月16日
あらすじ

スペースシャトル「エンタープライズ」で、ハッブル望遠鏡を修理していた時、ロシアが自国の人工衛星を爆破し、その破片が周囲の人工衛星を連鎖的に破壊し、その破片がエンタープライズを襲います。

ハッブル望遠鏡を修理していたライアン博士と、船外活動をしていたマットだけが生き残ります。そのマットも、ライアン博士を助けるために、自らライアン博士の元から離れます。

一人生き残ったライアン博士は、ISS、中国のステーションを渡り歩き、地球へ生還します。

心に残ったシーン

スペースシャトル「エンタープライズ」の乗組員が死亡しているシーン

マットが、ライアンとの命綱を外すシーン

宇宙を漂っているはずのマットが、再びライアンの元に現れたシーン

 

感想

Amazon Primeビデオで配信されていたので、字幕版を観ました。

エンタープライズが破壊され、真空状態の船員が、そのままの状態で死亡していのがイメージと違いました。人間が真空に放り出されると、体内の空気の圧力のため、体が破裂すると理解していたからです。検索すると、どうも、違うらしいことがわかりました。

ライアンが諦めかけた時に、マットが現れて助言するシーンは結構好きです。

ISS内で消火器を使って、それをソユーズに乗り移る時に、姿勢制御に使ってました。地上用の一般的な消火器だと、一度消火剤を出すと、止められなかったはずなのですが、宇宙用は違うのかな?

視聴記事

ゼロ・グラヴィティ
ゼロ・グラビティ(字幕版) | 動画 | Amazonビデオより

映画鑑賞ノート

コメントを残す