プラスα空間

ブログ in お市 のーと

Jabra EASYVOICE買いました

JabraのBluetoothヘッドセット、EASYVOICEを買いました。

HFP/HSP/A2DPに対応しています。マルチポイント対応で、同時に2つのBluetoothホストの待ち受けができます。AVRCPには対応していませんので、曲送りなどのリモコン操作はできません。

使い方は簡単です。最初のペアリングは電源を入れるのみで、ペアリングモードになります。

ペアリング

二台目をペアリングする時は、応答/終了を約5秒間押し続ければ、ペアリングモードになります。Bluetoothランプが点滅します。

このBluetoothヘッドセットの秀逸な所の一つは、イヤーピースが数種類用意されている事です。次の写真の、鉤型のイヤーピースを使うと、イヤーフック無しで耳に固定できます。しかも、ずり落ちません。写真の物は、右耳用です。

Jabra EASYVOICEイヤーピース

マイクの感度も良好です。小声で話しても伝わる様です。

欠点としては、AVRCPに対応していない事、なんですが、iPhoneと組み合わせて使う時には、問題ない事がわかりました。応答/終了を軽く押すと、Siriが反応します。そして「まどか☆マギカを再生」等とつぶやくと、ミュージックライブラリ内を探して、再生してくれます。小声で反応してくれるので、本当に「つぶやく」程度でOKです。でも、人がいる所でつぶやくと、独り言の様に思われてしまいますので、ご注意を。

なお、A2DPに対応していますが、片耳専用ですので、当然モノラル再生です。

それと、取扱説明書にはSCMS-Tの事が書かれていないので、非対応と思われます。つまり、ケータイのワンセグの音声を聞く事ができません。次の方の記事には、「EASYVOICEはSCMS-T非対応」と書かれています。ご確認ありがとうございます。

どうしても、ケータイのワンセグの音声を聞きたかったら、ケータイのイヤフォン端子にBluetooth送信機をつなぐと言う裏技(?)があります。

冗談みたいな方法ですけど、できちゃいます。

他の方がレビューされている様なのですが、応答/終了が本体正面全面になっており、ヘッドセットを耳に付ける時に、間違えて電話をかけてしまう(リダイヤルする)事があるとの事です。応答/終了を2回押すとリダイヤルです。「EASYVOICEの側面を持って、取り付け取り外しをすれば、問題ない」と思っていたのですが、先日、慌ててヘッドセットを外そうとした時に、間違って応答/終了を2回押ししてしまったようで、リダイヤルされてしまいました。「取り付け取り外しは、側面を持つ」を徹底すれば、大丈夫だと思います。

充電もAndroid系のスマートフォンと同じマイクロUSB端子で、汎用性があります。特殊な充電端子になっているBluetoothヘッドセットだと、私の場合、それだけで選定対象外です。

以前、Jabra BT2020を購入したので、Jabraのヘッドセットは2台目です。Jabraのヘッドセット、気に入っています。

EASYVOICEの他に、EASYCALLやEASYGOと言う機種があります。これらは、デザイン違いで、機能的には同じ物の様です。

応答/終了が「全面」になっているのが嫌な方は、EASYCALLが良いと思います。

目立ちたかったら、EASYGOを。色を選べます。

私は、購入に当たり、次のレビュー記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

コメントを残す