プラスα空間

ブログ in お市 のーと

QNAP TS-412のnetatalk(Firmware 4.0.X)

知らない間に、QNAP412の新Firmwareが公開されていました。

気になるのは、netatalkのバージョンです。

Firmware 4.0.1

# /usr/local/sbin/afpd -V
afpd 3.0.2 - Apple Filing Protocol (AFP) daemon of Netatalk

This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
Foundation; either version 2 of the License, or (at your option) any later
version. Please see the file COPYING for further information and details.

afpd has been compiled with support for these features:

          AFP versions:	2.2 3.0 3.1 3.2 3.3 
         CNID backends:	cdb dbd last tdb 
      Zeroconf support:	No
  TCP wrappers support:	No
         Quota support:	Yes
   Admin group support:	Yes
    Valid shell checks:	Yes
      cracklib support:	No
            EA support:	ad | sys
           ACL support:	Yes
          LDAP support:	No

              afp.conf:	/usr/local/etc/afp.conf
           extmap.conf:	/usr/local/etc/extmap.conf
       state directory:	/usr/local/var/netatalk/
    afp_signature.conf:	/usr/local/var/netatalk/afp_signature.conf
      afp_voluuid.conf:	/usr/local/var/netatalk/afp_voluuid.conf
       UAM search path:	/usr/local/etc/netatalk/uams//
  Server messages path:	/usr/local/var/netatalk/msg/

なぜ、afp.confが”/usr/local/etc/afp.conf”でビルドされていますが、実際の設定ファイルは、/etc/afp.confにおかれています。

それでなのでしょうが、起動スクリプト”/etc/atalk.sh”で、次の様にしてサービスを起動しています。

/sbin/daemon_mgr afpd start "/usr/local/sbin/afpd -F /etc/afp.conf -p /var/afpd3.pid"

ちゃんとビルドすれば、netatalkを起動するだけで済むのに。それに、マニュアルに載っていない”-p”オプションなんか使っているし(マニュアルに載っていなくても、動いている模様)。

まず、スクリプト名からして、気持ち悪いです。それに、スクリプト内に、”AppleTalk”とか”EtherTalk”とか書かれていて、わかっていない人が管理している事がバレバレです。

Firmware 4.0.2

# /usr/local/sbin/afpd -V
afpd 3.0.2 - Apple Filing Protocol (AFP) daemon of Netatalk

This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
Foundation; either version 2 of the License, or (at your option) any later
version. Please see the file COPYING for further information and details.

afpd has been compiled with support for these features:

          AFP versions:	2.2 3.0 3.1 3.2 3.3 
         CNID backends:	cdb dbd last tdb 
      Zeroconf support:	No
  TCP wrappers support:	No
         Quota support:	Yes
   Admin group support:	Yes
    Valid shell checks:	Yes
      cracklib support:	No
            EA support:	ad | sys
           ACL support:	Yes
          LDAP support:	No

              afp.conf:	/usr/local/etc/afp.conf
           extmap.conf:	/usr/local/etc/extmap.conf
       state directory:	/usr/local/var/netatalk/
    afp_signature.conf:	/usr/local/var/netatalk/afp_signature.conf
      afp_voluuid.conf:	/usr/local/var/netatalk/afp_voluuid.conf
       UAM search path:	/usr/local/etc/netatalk/uams//
  Server messages path:	/usr/local/var/netatalk/msg/

AFPのバージョンは、変わっていない様です。

パフォーマンス比較

FIOを使って、パフォーマンス測定をしました。

CristalDiskMarkと同じ項目を測定していますが、同じ基準とは限りませんので、参考値です。QD32は、NASの場合は意味が無い(と思う)ので、載せていません。

GbEにつないだMacBook Pro 15 (Early 2011)で測定しています。

QNAP412+AFP

グラフは、左から{ファームウェアバージョン}/{netatalkバージョン}となっています。

1_seqreadはシーケンシャルリード、2_seqwriteはシーケンシャルライト、3_randread512kはランダムリード(512k)、4_randwrite512kはランダムライト(512k)、5_randread4kはランダムリード(4k)、6_randwrite4kはランダムライト(4k)です。

ファームウェアのバージョンが上がるたびに、パフォーマンスが低下している様な…。測定条件は、同じはずなのですが…。

ファームウェア3.8.2のパフォーマンスが高いですが、afp.confの設定がとんでもないので、使わない方が良いです。

ちなみに、SMBで接続した時のパフォーマンスも取得しています。

QNAP412+SMB

ファームウェア3.8.3の時は、データを取り忘れました。

こうやって比較すると、Macからつないだ場合は、AFP接続の方がパフォーマンスが高くなるのがわかりますね。

FIOによるディスクパフォーマンス測定方法は、次のウェブページを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

Linuxでストレージ・ベンチマーク | 複眼中心

コメントを残す