プラスα空間

ブログ in お市 のーと

SheepShaver〜OS Xへインストール編〜[追記あり]

SheepShaverそのもののインストールと設定の説明です。

次のページを参考にしています。Thank you very much.

このWikiは、Creative Common Licenseと言う事ですが、一応、著者の方に連絡を取って、翻訳許可をいただいております。

SheepShaverの、ビルド済みの最新版は、次のForumからダウンロードできます。

ファイル名は、”SheepShaver_UB_20120715.zip”です。

次の手順で、インストールします。

  1. ZIPファイルの展開
  2. 展開されたフォルダ内に、”Mac OS ROM”を置く
  3. Mac OS X側との共有フォルダを作る
  4. SheepShaver起動
  5. SheepShaverPreferences…の設定
    1. Setupタブ
      1. インストール先ディスクの作成
      2. Mac OS 9 CD-ROMの追加
      3. ROM File
      4. Unix Root
      5. Boot From
      6. RAM Size (MB)
      7. Disable CD-ROM
    2. Audio/Videoタブ
    3. Miscellaneousタブ
      1. CPU Options
      2. Mouse/Keyboard
      3. Serial/Network
    4. Saveで保存
  6. Control+Escで、SheepShaverを強制終了
  7. “~/.sheepshaver_prefs”の編集

結構長いですね…。頑張って下さい。本当は、Mac OS 9のインストールまで説明しようと思ったのですが、文書が長くなりすぎたので、分ける事にしました。

1. ZIPファイルの展開

ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。”SheepShaver_UB_20120715″と言うフォルダができます。私は、ホームディレクトリ直下に移動しました。

2. 展開されたフォルダ内に、”Mac OS ROM”を置く

“SheepShaver_UB_20120715″の中に、準備した”Mac OS ROM”を置きます(ダブルクオート無し)。SheepShaverは、同一フォルダ内に”Mac OS ROM”が見つからないと、何事も無かった様に終了します(起動後すぐに終了します)。

3. Mac OS X側との共有フォルダを作る

Mac OS Xとのファイルのやり取りに使う、共有フォルダを作ります。名前と場所は何でも良いのですが、私の場合、デスクトップに”SheepShaver”と言うフォルダを置きました。

以降、この前提で説明します。

4. SheepShaver起動

起動すると、フロッピーに”?”マークのアイコンが点滅した画面が立ち上がります。”Mac OS ROM”は読めた物の、起動ディスクが見つからない状態です。

SheepShaver no system disk

5. SheepShaverPreferences…の設定

SheepShaverPreferences…で、基本的な設定をします。

5.1 Setupタブ

5.1.1 インストール先ディスクの作成

Create…で、Mac OS 9をインストールするための、ディスクイメージを作ります。用途によりますが、私の様に、過去のファイルを読み書きする程度なら、1GB〜2GB程度あれば十分だと思います。サイズに、1,000〜2,000を指定します。起動するのを確かめてみるだけなら、500MB程度で十分です。

Mac OS 9は、MiB表示だったはずなので、本当は1,024とか2,048にしなければならないと思いますが、細かい事は気にしないと言う事にします。

SheepShaver HD2000

私は、2,048を設定しましたが…。ファイル名は”HD2000.dsk”にしました。置く場所は、SheepShaverを展開したフォルダにしました。

5.1.2 Mac OS 9 CD-ROMの追加

事前に作成しておいた、”Mac OS 9.cdr”をAdd…で追加します。

SheepShaver Mac OS 9.cdr

5.1.3 ROM File

ROM Fileが空欄になっているので、Browse…ボタンで選択します。指定しなくても、SheepShaverと同じフォルダ内に入っていれば、大丈夫な様ですが。

5.1.4 Unix Root

Unix Rootは、最初”/”になっています。これは、Mac OS 9側に、Mac OS Xの全ファイルシステムを共有する事を意味します。危険すぎるので、必ず変更します。

私は、先ほど作った、デスクトップの”SheepShaver”と言うフォルダを指定しました。

SheepShaver UNIX Root

つまり、”/Users/{ユーザ名}/Desktop/SheepShaver”を指定する事になります。

5.1.5 Boot From

Anyにしておきます。

5.1.6 RAM Size (MB)

128MB以上あれば、十分だと思います。64MBでも動作します。私は、512MBにしました。

5.1.7 Disable CD-ROM

SheepSaverのMac OS 9に、CD-ROMを見せなくします。チェックを入れておくと、起動時のCD-ROMチェックが無くなり、間違えてCD-ROMを入れっぱなしにしていても、警告されません。

ただ、チェックを入れておいても、SheepShaverがCD-ROMを掴みっぱなしになるので、SheepShaverを終了させないと、ディスクの取り出しができません。

Mountain Lionでは、CD-ROMが使えないので、チェックを入れておいた方が良さそうですが、私の場合、動作が不安定になったので外しておいたままにしました(Mac OS 9からCD-ROMが見える)。

5.2 Audio/Videoタブ

次の通りに設定します。

SheepShaver Audio Video

5.3 Miscellaneousタブ

SheepShaver Miscellaneous

5.3.1 CPU Options

たしか、”Ignore Illegal Memory Access”へのチェックを追加するだけだったと思います。結局、”Enable JIT Compiler”, “Allow Emulated CPU to idle”, “Ignore Illegal Memory Access”の三つだけにチェックが入ります。

5.3.2 Mouse/Keyboard

“Use Row Keycodes”にチェックを入れます。JISキーボードを使っている場合は、準備編で作っておいた、”keycode.jis”を指定します。

Lines to Scrollはお好みで。私は、1にしました。

5.3.2 Serial/Network

Ethernet Interfaceは、あえて空欄にします。理由は次の通りです。

どうしても、Ethernet Interfaceを使いたい人は、”slirp”と書きます(ダブルクオート無し)。

(追記 2013-07-23 20:45 ちなみに、OS X 10.8 Mountain LionをAFPサーバとして使おうとすると、次のエラーが出ます。)

20130717sheepshaver-macos9-afp

NTPが使えなくて、困るのでは? と思いましたが、SheepShaverは、母艦側の時計に自動的に合わせてくれる様です。SheepShaverからの母艦の時刻の変更はできません。

5.4 Saveで保存

設定が終わったら、Saveで保存します。

6. Control+Escで、SheepShaverを強制終了

このままだと、何もできないので、Control+Escで、SheepShaverを強制終了します。

このキーボードコンビネーションは、いつでも有効です。Mac OS 9が固まってしまったら、Control+Escで強制終了させて下さい。

7. ~/.sheepshaver_prefsの編集

デフォルトだと、SheepShaver内のキーボードが、USキーボードとして認識されます。JISキーボードを使っている場合は、”~/.sheepshaver_prefs”の次の部分を書き換えます。

変更前

keyboardtype 5

変更後

keyboardtype 201

ただし、この方法で変更しても、コントロールパネルのキーボードには「日本語」のキーボードは現れません。アップルメニューの「キー配列」では、正しく認識されているので、大丈夫だと思います。

次のページを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

他、色々調べていて、Mac OS 9では、キーボード配列が”System”スーツケースに入っていた事を思い出しました。

これで、SheepShaverその物のインストールは終了です。

(追記 2013-07-23 20:45)

ネットワークを有効にして、OS X 10.8 Mountain Lionに、AFPでつなごうとした時に表示されるエラーを追加しました。

【シリーズ記事】

SheepShaver〜OS Xへインストール編〜[追記あり]”に“1”個のコメント

コメントを残す