アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

「好き」の?(ハテナ)がわかる本

書名「好き」の?(ハテナ)がわかる本
著者石川大我本の所在図書館
出版社太郎次郎社エディタス価格1,000円+税
出版年2011年01月15日評価★★★★☆
読書期間2017年09月03日〜2017年09月05日
心に残った言葉

大切なのは、ひとりひとりがちがう存在だと意識すること。そして、相手の意思を尊重すること。そしてなにより、頭のなかの公式で理解するのではなくて、自分の目のまえにいる、その人と向きあって、わからないことはひとつひとつ、理解しあっていくことなんだ。

「好き」の?(ハテナ)がわかる本 45ページより

「大切なのは、外見を整えることだけではなくて、どう生きるか。自分の望む性別になったとして、どう暮らしていけるのか。夢やあこがれだけじゃなく、リアルに考えること」─そう話すスタッフ。

「好き」の?(ハテナ)がわかる本 49ページより

感想

LGBTと言う言葉は知っていましたが、具体的にどういう問題や悩みがあるのかは、知りませんでした。

自分一人が異常な存在と思い込んでしまい、悩んでしまう様です。LGBTは決して少数ではない事を理解し、仲間と触れ合う事で悩みが軽減される事がわかりました。

LGBTに関わらず、それぞれの存在を尊重してわかり合う事が、生きやすい社会を作るために必要だと思いました。

読書記事

今村監督の「ろう・難聴 × LGBT の子どもたちに、500人のエールを届けたい!」で紹介されている本を読んでみました

コメントを残す