アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

虹色の朝が来るまで

タイトル虹色の朝が来るまでは
原作今井ミカ監督今井ミカ
脚本今井ミカ音楽門傳一彦
ジャンル公開日
視聴スタイル映画館
評価★★★☆☆視聴日2018年07月21日
あらすじ

ろう者の高橋華は、男性の恋人が居たが、それよりも女性のろう者の星野あゆみと一緒に居る方が、心安らぐことがわかり、男性の恋人と分かれます。華は、その事を両親にカミングアウトしますが、母親に拒絶されてしまいます。

東京で開かれて居るLGBTQのイベントに参加し、ゆりママたちと話して居るうちに、今の状態を受け入れる事の決心ができました。

心に残ったシーン

華がカミングアウトして、母親に拒絶されるシーン。

渋谷駅周辺のシーン。

虹の絵を指差して、雨が降らないと虹は出ないと、ゆりママが語るシーン。

感想

全編、会話がほぼ日本手話のみです。日本語字幕が付いています。私は、日本語字幕なしでは、内容を理解できませんでした。もっと、読み取り力をつけなければなりません。

前夜、寝不足だったのと、ほぼ音声がなかった、LGBTQのイベントのシーンでは、不覚にも居眠りをしてしまいました。一番大切なシーンなのに...。この中で、華がどう関わり合って、自分を見つめ直したかを理解し切れませんでした。

もう一度観たいです。

好きになる気持ちに、体の性別は関係ないのですよね。でも、そう捉えてくれる人は少数です。好きになってしまったら、どうしようもないと思います。

最後の、虹の話には、希望が持てました。私は今、土砂降りです。雨が上がった後には、綺麗な虹がかかっていて欲しいです。

 

視聴記事

映画鑑賞ノート

コメントを残す