アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

茨の木

書名茨の木
著者さだまさし本の所在蔵書
出版社幻冬舎価格1,429円+税
出版年2008年評価★★★★☆
読書期間2008年8月21日〜2008年9月16日 (実質2日)
心に残った言葉

「生きて死ぬことの先にあるものは、誰かの記憶の中に生き続けるということではないのか。」「天国は、自分を覚えていてくれる誰かの記憶の中にあるものだ。」

感想

事実と創作と主張とが、感動と言う糸で縫い合わされた感じです。生きる事を肯定する事、偶然と言う奇跡を信じる事。結末がわかっていても、もう一度読んでみたいと思います。

コメントを残す