アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

遥かなるクリスマス

書名遥かなるクリスマス
著者さだまさし本の所在蔵書
出版社講談社価格476円+税
出版年2007年評価★★★★★
読書期間〜2008年9月28日
心に残った言葉

ただ一つだけ確かなことは、「頑張らなければ報われることも無い」ということ。

感想

さださんが、なぜ唄い続けるのかを改めて認識しました。人が自分の意志ではどうにもならない、「生命(いのち)」「時間」「こころ」をテーマに唄うこと、 そして平和であるかどうかの象徴となること。いつも、さださんが語っていることです。それ以外に、後の唄や小説のエッセンスになることがちりばめられてい ます。本のタイトルは、さださんの唄のタイトルから取られています。写真の中に綴られる、さださん直筆の歌詞。この本は、講談社の編集者「山影好克」さん の熱意で作られた物のようです。感謝。

コメントを残す