アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

聖奈(まりな)の絵はコトバ

書名聖奈(まりな)の絵はコトバ
著者絵:杉本聖奈、著:杉本香苗本の所在蔵書
出版社中央法規出版価格1,728円(1,600円税別)
出版年2014年07月20日評価★★★★★
読書期間2014年07月12日〜2014年08月02日
心に残った言葉

「それは悲しい涙ではなく、『あぁ、これで原因がハッキリした、これから何かが進められる』という安堵の涙でした。」(第一章「なぜ聴覚障害に気づかなかったのか?」の「診断〜安堵の涙〜」より)

感想

先天性聴覚障がいとアスペルガー傾向を持つ聖奈(まりな)さんの育てたお母様(香苗さん)の手記です。

手記は聖奈さん誕生から香苗さんの疑問が解決するまで、そして最初の悲しい想い出から始まります。

読んでいると、香苗さんの苦労が目に見えてわかり、非常に苦しい思いになります。でも、苦しい道をあきらめずに進み、聖奈さん自身も成長し自分の生きる道を見つけて行きます。

模索しながら子育ての方法を見つけ、同時に成長して行く聖奈さんの様子が、全面にちりばめられた聖奈さんのほのぼのとしたイラストと4コマ漫画でページが進んで行きます。

読むのが辛くなったら、イラストと4コマ漫画を見るだけでも楽しいと思います。

 

コメントを残す