アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

恩讐と迷走の日本政治 記者だけが知る永田町の肉声ドキュメント

書名恩讐と迷走の日本政治 記者だけが知る永田町の肉声ドキュメント
著者青山和弘本の所在蔵書
出版社文藝春秋価格1,512円
出版年2018/4評価★★★★☆
読書期間2018年06月11日〜2018年06月27日
心に残った言葉

何とか乗り切ったとか、えらい目にあったとか言うだけでなく、日本の政治を少しでも前進させるために課題を見直していくことが、国会議員としての最小限の誠実さだと思う。

「恩讐と迷走の日本政治 記者だけが知る永田町の肉声ドキュメント」「8. あの判断は間違っていなかった」より

感想

安倍首相と枝野党首の両方から話を聞いており、立場として中立で状況を解説してくれています。

ニュースで報道されていた時は、何が起きていたのかわからなかったのですが、この本を読むと、報道の裏で起きていた事がよくわかります。

政治に興味を持つキッカケになる本だと思います。

恩讐と迷走の日本政治 記者だけが知る永田町の肉声ドキュメント

読書記事

コメントを残す