アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

A PERFECT DAY

書名A PERFECT DAY
著者ボブトビン (矢島麻里子 訳)本の所在蔵書
出版社ディスカバー・トゥエンティワン価格本体1,500円
出版年2019年03月30日評価★★★★☆
読書期間2019年03月04日〜2019年03月04日
心に残った言葉

「ノーと言いたいときに、イエスと言わない」P19

「自分の舞台で最善を尽くすこと、それ自体が素晴らしい成果を生むのです。」P42

「6. あらゆる機会をとらえて、人に「ありがとう」と言う。「ありがとう」は魔法のような言葉です。」P44

「静かに座ってリラックスし、目を閉じて瞑想に浸るのもエネルギーを回復させる有効な方法です。」P55

「不安に包まれないよう、頭の中で不安の塊を脇に置くのです。」P91

「一番必要なのは、言語の違いを乗り越えるために、相手とコミュニケーションをとりたい、結びつきたいという気持ちと努力です。」P102

「ソーシャルメディア上では、不満や愚痴ばかりこぼさないようにしましょう。不満や愚痴は人を遠ざけます。」P140

 

感想

括りとしては、「How to本」なのですが、それが全てではないです。著者のボブさんが、苦しんで身につけた事を、わかりやすくまとめられています。じっくり読んでも、2時間程度で読めてしまいます。

47個の項目が挙げられていますが、全部をやる必要もなくて、気に入ったいくつかを実践してみれば良いと思います。あくまで、ヒントです。それを実行に移すかどうかは、本人次第です。

私は、期限を守るのが苦手です。「期限を守れないと、人から信用されなくなります」としっかり書かれていて、反省中です。

SNSの事もその通りです。一度やらかしてしまうと、取り返しがつきませんし。

新しい考え方に触れる事ができましたが、すでに実践している事もいくつもありました。幸せな生活の方向へ、舵を切っていると思います。

読書記事

A PERFECT DAY

コメントを残す