プラスα空間

ブログ in お市 のーと

WWDC 2019で興味深かった事

WWDC 2019が開催されましたね! そして、興味深いことが何軒かありました。

  1. iPad OS
  2. iOS 13はiPhoneSEも対象
  3. 次期macOS Catalinaでは、iTunesが無くなる

1. iPad OS

やはり、これです! ついに、来たか〜と言う感じです。iOSからグッと機能が向上して、iPad OSになります。ますます、MacBookを使う比率が下がりそうです。

以前、iPad Proを購入した時、Appleからアンケートが届き、「iPad Proに足りない機能を一つ上げてください」と言う質問項目がありました。私は「マウス」と回答しました。iPad OSでマウスがサポートされるようで、よかったです。

今、タッチパッド付きの三つ折りキーボードを使っています。これが使えると良いのですけれど。

上海問屋のタッチパッド付き三つ折りBluetoothキーボード(914570)を買いました

2. iOS 13はiPhoneSEも対象

私は今、iPhoneSEを使っています。少し前の噂では、iPhoneSEは、iPhone6sと同じCPU性能を持ちながら、画面が小さいためにiPhoneSEはサポート外になると書かれていました。今回の発表で、iPhoneSEもiOS13もサポートされる事がわかりました。良かった〜。

来年発表されるはずのiOS14では、iPhoneSEはサポート対応外になると思われます。そしてiPhoneは、おそらく5G対応、USB-C対応と思われます。理想的! この仕様だったら、買い換えます。

Apple-highlights-from-wwdc19-Craig-Federighi-unveils-iOS13-06032019

3. 次期macOS Catalinaでは、iTunesが無くなる

噂通りですね。次期macOS Catalinaでは、iTunesの機能は、複数アプリに分割されるとのことです。iPhoneとの同期はFinderに統合されるそうです。

実は、私は、先日書いた通り、iTunesのライブラリをロストしました。バックアップからある程度復元できそうなので、iTunesアプリがあるうちに、アクセスできるようにしておきたいです。

iTunesミュージックライブラリをロスト

コメントを残す