プラスα空間

ブログ in お市 のーと

さだまさし聖地巡礼

長崎といえば、さだまさしさんの生誕の地です。

「さだまさしの世界」展に行って来ました[追記あり]

長崎県立美術館の「さだまさしの世界」展に行ったついでに、さだまさしさんの聖地、「ピースミュージアム」と「自由飛行館」に行ってきました。それと、絵はがき坂の舞台のオランダ坂です。

そもそも、ここへ行こうと思ったのは、次のtweetのおかげです。ありがとうございます。

ピースミュージアム

大切な人の笑顔を守るためにできる事のきっかけになって欲しいと考えられた「貝の火運動」の象徴となる建物、それがピースミュージアムです。

路面電車の「大浦海岸通」駅で降りて、5分くらいです。

ピースミュージアム

海沿いの綺麗な道を歩いて行くと、右手に見えます。

ピースミュージアム内側

館内で色々説明していただけました。

写真の左上に、さだまさしさんからのメッセージがあります。全文が、次のページで見られます。

「長崎が最後の被爆地でありますように」とさだまさしさん。

ピースミュージアムお土産

来館記念品とか、寄付への感謝状など、色々貰って来ました。なんだか、申し訳ない様な。感謝状は1,000円以上寄付すると、発行してもらえます。

企画展として被爆された画家の松添博さんの展示会がありました。ピースミュージアムに寄せられたさださんのメッセージ、松添博さんの展示、そもそもピースミュージアムが建てられた意味を考えると、自ずと、平和について考えさせられました。「武器だけを憎んでも意味がなくて、それを作り出す自分の心を恨むべき」と言うさだまさしさんさんのおば(確か伯母)の節子さんの言葉。あの悲惨な爆弾は、二度と使われて欲しくないです。それがどこであっても。

絵はがき坂(オランダ坂)

ピースミュージアムから、来た道を戻り、大浦海岸通駅を越えてさらに歩くと、オランダ坂に着きます。ピースミュージアムから、約10分くらいだと思います。

オランダ坂

この坂がオランダ坂で、さだまさしさんの唄「絵はがき坂」で唄われている坂です。

絵はがき坂写真

本当に絵はがきに出てきそうな坂道ですね。

絵はがき坂イラスト

アプリ(Waterlogue)を使って、イラストにしてみました。より絵はがきっぽくなった感じです。

活水女子大学

確かに「活水」辺りです。活水女子大学がありました。

ホテルニュータンダ

その後、大通りに戻りますが、途中の道路の右側には、歩道がないのです。ですが、ホテルの外廊下に「車道を通行されると大変危険です。こちらの歩道をご自由にお通り下さい」と言うか貼り紙がありました。ありがたいです。こういう気遣いのできるホテル、良いですね。

☆自由飛行館.

「☆自由飛行館.」の正式名称は、末尾に「.」が付くみたいです。

路面電車で、思案橋駅か正覚寺下駅で降ります。そこから歩いて5分くらいです。

自由飛行館ビル

茶色い5階建のビルの1階にあります。

自由飛行館外

おぉ! 写真で見たままの外観です。

自由飛行館店内

店内の常設展示です。このエリアは撮影して公開してもOKとの事でした。中に、佐田玲子さんとお母様の写真があります。玲子さん若い! そして、お母様が今の玲子さんにそっくりです。

企画展示として「さだ家 ヒストリー」が展示されていました。写真付きのさだ家の家系図がありました。

かすていらセット

かすていらセット(720円)をいただきました。美味しかったです。

自由飛行館お土産

ピースミュージアムでもらえた「自由飛行館便り」に付いていた引き換え券で、お土産をいただけました。この情報も教えてもらいました。ありがとうございます。

コメントを残す