プラスα空間

ブログ in お市 のーと

ねんどと本物のチョコレートババロアを作って食べました

1月18日に、ねんどでチョコレートババロアを作りました。

チョコレートババロア

けっこう、美味しそうでしょ? いつもどおり、実食をしようとお店を探したのですが、見つけられませんでした。実食は無理か〜。と、簡単に諦める私ではありません。自分で、本物のチョコレートババロアを作りました。

じゃん。

20150131chocolate-bavarian

どうです? 美味しそうでしょ? ねんど作品と比べてみました。

20150131chocolate-bavarian-compare

かなりの再現率ではないでしょうか? クランベリーを乗せ忘れましたが…。

材料と道具は次の通りです。

20150131chocolate-bavarian-material

一緒に写真の中に入れ忘れたのですが、超重要な材料が、ゼラチンです。次の物を使いました。

普通のゼラチンは、一旦、柔らかくしてから混ぜる必要があります。一方この商品は、熱い物に入れる場合なら粉のままでOKと説明されています。ですが、実際に使う時は、冷たい物に加えるのと同様に、一旦お湯で溶かしてから使った方が、奇麗に混ぜられると思います。

チョコレートババロアの作り方は、次のレシピを参考にしました。ありがとうございます。

このページでは、ココアババロアとなっていますが、ココアもチョコレートも原料は同じカカオ豆なので、チョコレートババロアと呼んでも構わないと思います。実際、チョコレートの味がしました。

ホイップクリームは、次のウェブページを参考にしました。

混ぜる時間の目安が書かれていないのですが、泡立て器で10分〜15分位かかったと思います。腕がだるくなりました。電動の泡立て器が欲しくなりました。最初、なかなか固まらず、大丈夫か心配でしたが、なんとかホイップクリームになりました。

ねんど作品のホイップクリームはピンク色をしています。どうすれば良いのか悩んだのですが、ダイソーに「シュガーパウダーピンク」が売られており、白いグラニュー糖の代わりに使いました。思惑通り、ピンクのホイップクリームが出来ました。

チョコレート(ココア)ババロアの作り方は、次の通りです。

  1. 鍋に、ココアパウダー30g、砂糖80g、牛乳300mlを入れる
  2. 鍋をかき混ぜながら一煮立ちさせる
  3. あらかじめゼラチン10gをお湯で溶かしておいた物を入れて混ぜて火を止める
  4. 氷水で鍋ごと粗熱を取る
  5. 粗熱が取れたら生クリーム100mlを入れて混ぜる
  6. 器に入れて冷蔵庫で1〜2時間冷やす

ピンクのホイップクリームの作り方は、次の通りです。

  1. 氷水を入れたボールに、一回り小さいボールを合わせる
  2. 小さいボールに、生クリーム200ml、シュガーパウダーピンク30gを入れる
  3. 泡立て器は斜めにして空気を巻き込む様にして、九分立てまで混ぜる(手動で10分〜15分位)

ねんドルの岡田ひとみさんは、中学校の頃にダイエットのために、ねんどで食べ物を作って食べるのを我慢したとの事です。私の場合、ねんどで作って実食すると言う、全く逆の方向性です。

私の実食を楽しみにしておられる方がいるので、今回も頑張りました。

コメントを残す