プラスα空間

ブログ in お市 のーと

「基礎英語3」の音声教材を用意する

基礎英語を聞いて、英語を勉強しています。

やっぱり、ネックになるのが、放送を聞く事です。

  1. 放送を生で聞く
  2. タイマー付きのラジオで、放送を録音する
  3. Tunein Radio Pro(有料版)で録音する
  4. iTunes等で音声教材を買う
  5. CD教材を買う
  6. Macで「らじる★らじる」や公式ウェブサイトから録音する

1. 放送を生で聞く

基礎英語は、1日に、3回放送されています。基礎英語3の場合だと、次の時間帯で放送されています。

  1. 06:30-06:45
  2. 19:15-19:30
  3. 21:30-21:45

これだけの時間帯で放送されていれば、どこかで聞けると思います。ですが、忘れちゃう事もあります。

それと、復習する時に、不便です。

2. タイマー付きのラジオで、放送を録音する

タイマー付きのラジオが売れれています。私も持っています。

私の使っているのは次の物ですが、製造中止です。

次の物が機能的に似ているかもしれません。

アナログ録音になってしまうのと、受信感度が良くないと、ノイズだらけになってしまいます。

3. Tunein Radio Pro(有料版)で録音する

私が買った時は、85円だったのですが、今見たら、450円になっていました。

それと、最近(iOS 6にしたから?)、録音した放送が早送り状態になって、再生できません。

ある時のバージョンアップでは、録音日時表示がリセットされた事がありました(今は直っています)。

それと、アプリケーションを立ち上げ状態にしておかなければならないですし、時々録音に失敗します。

なんだか、残念な感じです。

4. iTunes等で音声教材を買う

これがお手軽ですね。バックナンバーも自由に買えますし。それなりの価格はします。

また、次のアプリからも買えます。ごく簡単なテキストもあるので、便利かも。

5. CD教材を買う

本もついていますし、一番効率が良いかもしれません。

でも、本がなぁ。紙媒体ですから。PDFや電子書籍として売ってくれれば良いのに。

6. Macで「らじる★らじる」や公式ウェブサイトから録音する

今回のメインとなる予定でした。

ラジオと同じ内容が、インターネット経由で聞けます。

この音声をそのまま録音できれば、どんなに楽でしょうか?

まず最初に見つけたのが、次のページです。ありがとうございます。

ここで使われている次のソフトを使うと、Macで再生される音を、ソフトウェアのみで、そのまま録音できる事がわかりました。次の二つのソフトを使います。

次のページで、わかり易く解説されています。ありがとうございます。

私なりにも解説記事を書こうと思ったのですが、字数制限に達してしまいました。

本当は、NHKが、語学番組をPodcastで放送してくれれば解決なのですが、NHKからは「Podcast放送の予定はありません」と返事がありました。

視聴者の事を考えたら、Podcastで放送するべきだと思うんだけどなぁ。

次のページから、再度要望を出しておきました。

みなさんも、ぜひ送りましょう。

コメントを残す