プラスα空間

ブログ in お市 のーと

SVNによるWebサイト(ホームページ)管理

Mac OS X 10.5.8 Leopardで、Subversion(SVN)によるWebサイト(ホームページ)の管理システムを構築しました。何回かに分けて、紹介したいと思います。

このブログとは別に、ホームページを持っています。でも、更新や管理が大変で、更新間隔が延び延びになっています。更新作業をやりかけて、途中で放り出してしまったり…。そうなると、何処をどう更新したのか、さっぱりわからなくなります。

そんな事があって、前からやりたかったのが、Webサイト(ホームページ)のバージョン管理です。でも具体的に、どうすれば良いのか、見当がつきません。

と言う、良さそうなタイトルのページを見つけましたが、残念ながら私の求めていた物ではありません。他のページは、大変参考になりました。

そんな中、見つけたのが次の記事です。大変参考になりました。ありがとうございます。

WebサイトをSubverstion(SVN)で管理する方法が書かれています。

この記事を、そのまま私の環境で動かす事は出来ないので、基本的な考え方を利用させていただき、私の環境用に新たにシステムを構築しました。構築したシステムの中には、リポジトリへのhttp(WebDAV)アクセスの設定やローカルホームページの設定も含みます。

その為に、この前からSVNの勉強をしていて、何とか形に出来ました。勉強を始めて、三日後には、原形が動き出しました。動いた時は、嬉しかった〜。その後、形を整え、発表出来るまでになりました。

構築したシステムには、Mac OS X 10.5.8 Leopardを使っています。SVNクライアント(GUIなど)のインストールは必要(した方が良い)ですけど、それ以外は不要です。Xcodeを入れなくても、SVNが使えます。標準環境で動きます。

次の様な仕様です。

システム概略図を次に示します。図をクリックすると、拡大図が別ウィンドウで開きます。

システム概略図

これから、何回かに渡って、紹介して行きたいと思います。とびとびの連載になると思います。

  1. SVNリポジトリの作成
  2. SVNリポジトリをhttp(WebDAV)でアクセス出来るようにする
    SVNリポジトリをhttp(WebDAV)でアクセス出来るようにする(おまけ)
    SVNリポジトリをhttp(WebDAV)でアクセス出来るようにする(Digest認証化)
  3. SVNリポジトリの中にサイトデータを作る
  4. サイトデータの作業コピーでの作業(ターミナル編)
    サイトデータの作業コピーでの作業(Emacsのpsvn編)
  5. SVNでローカルサイトの自動更新
  6. ローカルサイトをアクセス出来るようにする
  7. ローカルサイトからインターネットへ

説明の番号に対応させた図を次に示します。図をクリックすると、拡大図が別ウィンドウで開きます。

システム概略図(説明の番号に対応)

最後になってしまいましたが、Mac OS Xのターミナル操作(コマンドの入力やファイル編集)を出来る人を想定して記事を書いています。

コメントを残す