デジタル生活

ちょっと技術的な事 in お市 のーと

Bluetoothと携帯電話

Softbank(Vodafone) 905SHについて

Softbank(Vodafone)から発売されていました、カタログによると、905SHは、次のBluetoothプロファイルをサポートしています。

また、カタログによると、Softbank 911SHも全く同様のProfileを持っています。このことから、両者共通の機能と思われます。

BT450Rxと905SHの組み合わせ

Softbank(Vodafone) 905SHに、ヘッドセットとしてつないでみました。ちゃんとハンズフリー通話が出来ます。いい感じです。

DR-BT30Qと905SHの組み合わせ

905SHのハンズフリーとして接続してみました。音楽を聞いている途中に電話を受けて、通話し、また音楽再生に戻る事が出来ました。ただし、通話中、音楽は一時停止されずに、演奏されっぱなしになっています。これは、好き嫌いがあると思います。

私の希望としては、自動的に再生を一時停止してから、通話となるようなコントロールが欲しかった所です。ですが、手動で音楽再生を停止してから通話すれば良いので、問題ではないでしょう。

Officejetと905SHをつなぐ

プリンタに、ヒューレット・パッカード(HP)のOfficejet 7410を使っています。このプリンタは、オプションのBluetooth USBアダプタを付けると、デジカメやケータイからBluetooth経由で印刷が出来るようになります。HPから純正のBluetoothアダプタが発売されています。

物は試しにと、先日購入したPLANEXのBT-MiniEDRをOfficejetに付けてみました。そして、905SHとペアリングしました。パスキーは0000でした。ペアリングすると、905SHはOfficejetをきちんとプリンタとして認識します。アイコンがプリンタになります。

次に、905SHで画像(写真)を選び、メニューを開くと、「印刷」が出てきます。送信方法に、Bluetoothをえらぶと、Officejetでその写真が印刷する事ができます。

ですが、すごいのはこれだけで、メールの印刷などは出来ないようです。画像に限定されているみたいです。

予想ですが、905SHと同様のプロファイルをサポートしている911SHからでも、同じように印刷できると思います。

ついでに、Officejetでどういうプロファイルがサポートされているのか調べてみました。MacのBluetooth環境設定で調べると、Serial Port, OBEX Object Push, Basic Imaging, Basic Printingとででいます。

この事から、おそらくBasic Imaging Profileを使って、905SHは印刷しているのだと思います。

今回は、BT-MiniEDRを使用しましたが、どんなUSBアダプタでもOKでは無いようです。たまたま、LogitecのLBT-UA200C1を借りられたので、これでも試してみました。905SHで、プリンタは認識される物の、接続はNGでした。使えるアダプタと使えないアダプタがあるようです。

905SHとBluetoothファイル交換

905SHを、Mac OS X(10.4.8)とつないで、いろいろ試してみました。[BluetoothとMac OS X]の項目に入れようかと、迷ったのですが、905SHの機能に依存しているので、こちらに書く事にします。

ペアリングは、Mac側から行います。パスキーは、Macで生成されるので、それを905SHに入力します。すると、逆に905SHからパスキーを聞いてくるので、Macで生成されたものと同じパスキーを入力します。これで、OKのはずです。

905SHのFTPを使うので、パソコンのソフトが、BluetoothのFTPに対応しいる必要があります。

電話帳の送信とアドレスブックでの読み取り

1件毎ならvcfとして905SHから送信でき、Mac OS Xのアドレスブックでの読み取りもOKでした。905SHから送信されたvCardのバージョンは2.1でした。

vcfは、ドキュメントフォルダに保存されます。Mac OS Xのアドレスブックには、電話番号、メールアドレス、住所、誕生日を転送できました。他の項目は未検証です。

電話帳を一件送信する時の、905SHでの操作は次の通りです。

  1. 「アドレス帳」を開く
  2. 「メニューボタン」を押す
  3. 「アドレス1件送信」する
  4. 方法として「Bluetooth」選択
  5. 「デバイス選択」

なお、全件送信だと、 vcfは送信できる物の、Mac OS Xのアドレスブックで読みこめません。全件送信した場合、Macのドキュメントフォルダのtelecomフォルダにpb.vcfとして保存さます。なぜ読めないかの原因追求はしていません。

次の記事が参考になるかもしれないので、ご覧下さい。

Mac OS Xの「Bluetoothファイル交換」でのファイルのやり取りについて

Macの操作は、Bluetoothメニューから、デバイスをブラウズを選んで、905SHを選んでブラウズボタンを押します。すると、905SHの画面に「着信できませんがよろしいですか?」と表示されるので、Yesを選びます。なお、ファイル交換をする時は、905SHを待ち受け画面にしておく必要があります。

基本的に、Macでの操作について書きますが、WindowsでBluetoothのファイル交換ソフトがあれば、同様に操作できるとおもいます。

パソコンと接続すると、次のフォルダが見えるようになります。

パソコンからピクチャーの送信をしてみた。送信先のフォルダは”Pictures”です。こうすると、905SHのデータフォルダのピクチャーに保存されます。

2.5Mのファイルを送信できましたが、905SHではファイルサイズオーバーで表示できませんでした。600k程度のファイルは送信、表示もOKでした。

逆に、905SHの画像ファイルのMacでの受け取りもOKでした。ただし、受け取る前のプレビューはMac側で出来ないので、ちょっと不便です。

パソコンからVideo(3gp2フォーマット)の送信も出来ました。サイズ制限があるかも知れませn。200kB程度のファイルは送れ、再生も出来ました。”Videos”フォルダに転送すると、905SHのデータフォルダのムービーに入ります。

“Book”フォルダへは送れませんでした。拡張子がtxtでもebkでもダメです。どうすればいいのかわかりません。

“Other Documents”へ送ると、905SHのデータフォルダのその他ファイルに、テキストファイルの送受信が出来ます。どの程度のサイズのファイルが送れるかは未確認です。少なくても150kのファイルが送れました。

“Music”フォルダへ送ると、905SHのデータフォルダのミュージックに入ります。iTunesで作ったAACファイル(拡張子m4a)を送れました。再生も出来ました。ですが、ファイルサイズに制限あるようです。170kのファイルは大丈夫でした。

その他

905SHの受信フォルダは、すべて本体となります。SDカードに切り替える方法はわからりませんでした。

テストしたのは、大体こんな感じです。Bluetoothプロファイルが同じ911SHでも、ほとんど同じ事が出来ると予想できます。

Officejetと905SHをつなぐ でも書いた事を含め、905SHのBluetooth機能はかなり充実しています。905SH(911SH)でA2DP/AVRCPがサポートされていないのが残念です。

コメントを残す