プラスα空間

ブログ in お市 のーと

iPad Pro用に大槌刺し子のポーチ(大)を買いまし

毎月1回、赤坂ヒルズのヒルズマルシェに、「みちのくマルシェ」が出店されています。そのみちのくマルシェで、前から目をつけていた、大槌刺し子のポーチ(大)を買いました。

みちのくマルシェ

みちのくマルシェは、東北復興支援のために設立された、みちのく復興パートナーズの企画の一つです。

大槌刺し子

そこで取り扱っているブランドの一つが、大槌刺し子です。

大きさ比較

iPad Pro 11インチ(2018)を入れるのにちょうど良い大きさです。

iPad Proだけでなく、アクセサリ類も一緒に入ります。多機能USB-Cハブと三つ折りキーボード、およびApplePencilを入れています。測った様に、ぴったりです。

収納物

中には、小さなポケットが付いていて、小物を入れるのに便利です。

内部ポケット

多機能USB-Cハブは、次の物を使っています。iPad Pro 11インチ 2018で、全ての機能が使えます。

三つ折りキーボードは、下記の記事をご覧ください。

タッチパッド付き三つ折りBluetoothキーボードの各社比較

大きさ的に、iPad Pro 12.9インチ(214.9mm×280.6mm)も入りそうです。ポーチを購入した後、ヨドバシカメラで、説明員さんにお願いして、Folioキーボード付きで、試させていただきました。傾けずに、まっすぐ入れると、ぴったりです。あまり余裕がないので、アクセサリ類が入るかは不明です。

シリアルナンバー付き

大槌刺し子ポーチ(大)には、シリアルナンバーが付いています。刺し子さんの名刺も入ってました。この方が作ってくれたのだと思うと、感慨深いです。大切に使います。

大槌刺し子ポーチ(大)

刺し子は、布に一針一針糸を縫い付けていきます。綺麗な模様になります。

大槌刺し子ポーチ(大)は、6,800円。価格の高さも納得がいきます。しっかりした作りなので、長く使えそうです。

RDD(Rare Disease Day)のピンバッチをつけました。RDDは、毎年2月末日に開催されるイベントです。希少疾病の患者さんの生活の質を向上を目指す活動です。希少疾病について、理解が広まると良いと思います。

RDDピンバッチ

コメントを残す