プラスα空間

ブログ in お市 のーと

さだまさし4000回記念コンサートレポートです[追記あり]

さださん、本日もお疲れ様でした。無事、4001回目を終わらせる事ができました。

感想は、昨日書きました。

コンサートレポートの解禁です。

今回のコンサートは、ほぽ全曲、観客からのリクエストによって唄う唄を決めるというもの。座席に置かれていたリクエスト用紙に一曲だけ書いて、事前に投票します。

私は、「つゆのあとさき」をリクエストしましたが、ハズレました。エピソードは「卒業証書=失恋、に気付くまでに時間がかかりました」です。リクエスト曲は「夢」にすれば良かったかな? どちらにしても、ハズレですが。

さだまさし4000回リクエスト

宝くじみたいな物という事でしたが、正にそんな感じです。当たれ~と念じましたが、ダメでした。

司会進行を立川談春さん、しやかし(冷(ひ)やかし)をALFEEの板崎さんが勤めてらっしゃいました。

他のアーティストとのコラボもありました。tweetを見てると、あまり、それを良く思っていない人もいる様ですが、司会進行がいたり、コラボだったりした方が、さださんが楽をできるのじゃないかな?

一人で、ほぼ全曲リクエストのコンサートをこなすのは、辛いでしょう。まぁ、そもそも一人で司会進行もやるコンサートだったら、全曲リクエストを二日連続ではやらないでしょうけれど…。

ちなみに、私は、楽しめました。

(追記 2013-07-28 15:11 7月28日放送の「今夜も生でさだまさし」で、さださんがお話ししていましたが、次に歌う曲がわからない状態でのコンサートは、本当に辛かったと。さださんが楽をしたのではなく、 視聴者を楽しませるための企画だったとわかりました。本当に、さださんの事を考えるなら、さださんが自分で仕切って進行するコンサートの方が、良いのですね。)

1曲目は、リスエストではなく、「さだまし国民投票1位」の「主人公」。ダントツ、不動の1位。それ以来、良い曲を作って来ていない訳じゃなくて、聴いて下さる方が、本人を大切にしている証拠だと。

(追記 2013-07-20 00:06 「さだまさし国民投票」の結果は、次のウェブサイトで見る事ができます。)

3曲目以降は、7,500枚の投票用紙の中から選びます。沢山引いていましたが、ダブりや、歌えない曲が出た時のためとか。

実際に、ステージで唄うかどうかは、音楽監督兼ピアノの、倉田さんが決めるとか。

その間、最初のゲストの吉田政美さんと2曲目の「精霊流し」。でも、出だしで、ハウリングがおきました。私は「あ〜、音響の人、やっちゃったな〜」と思いました。さださんもそう思った様で、音響の和田さんを名指しで、「お前、悔しいだろうから、もう一度」と言って、弾き直しです。今度は、完璧でした。

吉田さんのギターを聴いていて思ったのですが、吉田さんのギターは、吉田さん自身が唄っている様に聴こえました。吉田さんのギターは、吉田さんそのものなのですね。

そして、遂にリクエスト1曲目の3曲目は「しあわせについて」。いきなり、アンコール級の曲です。

信じられない事に、4曲目は「償い」。最初、23歳女性のリクエストと聞いて、さださんは、「軽い唄だろう」と冗談を飛ばしていたのですが、「償い」ですよぉ。しかも、その女性は、彼氏の影響で、最近、さださんのファンに成ったばかりで、歌詩の意味深さを知ったとか。「償い」をリクエストするなんて、ツウですよ。

5曲目も偶然23歳女性からのリクエストで、「雨やどり」。「こんな彼氏が欲しい」とか。

コンサート終盤で、談春さんが、「『止まらなくて、止まらなくて』の後に、『ませませ〜』ですからね〜」と、冷やかしていました。正に、そんな感じです。

次々と明かされる、リクエスト曲。それを、さださんは、ホールインした時の気持ちのようだと表現していました。なが〜い、たとえでした。

さださんは、リクエスト曲を読み上げる時、デパートのアナウンスの真似をしていました。「俺、デパートでアナウンスした事、あるんだよ」と話されていた時「聞いた〜」と叫びたかったですが、止めました。

タイトルが「さだまさし展覧会」となっていますが「さだまさし博覧会」の間違いです。

6曲目は、「あなたが好きです」。リクエストした人が、披露宴の時に使った曲だとか。

7曲目は、「いのちの理由」。突然、さださんが客席に岩崎宏美さんがいると明かします。岩崎宏美さんは、ステージに上がり、一緒に「いのちの理由」を手話付きで唄っていました。岩崎宏美さん、上手いです。

岩崎宏美さんの手話は、ほぼ読み取れました。

8曲目は「落日」。観客も一緒に唄います。私は、涙ぐんで、上手く声を出せなかったな。

9曲目は「桜散る」。リクエストしたのは男性で、選んだ理由が「いろいろ」。う〜ん、考えさせられますねぇ。(笑)

10曲目は、「秋桜」。実は、この曲を、ももいろクローバーZのメンバーのあーりんさん(佐々木彩夏さん)がリクエストしていて、ゲストとして登場し、一緒に唄いました。お世辞にも上手とは言えなかったけれど、一所懸命さが伝わってきました。17歳だもんね。山口百恵さんだって、18歳だったんだもの。

18歳で唄いきった、山口百恵さんはすごいですね。あーりんさんも、後一年頑張って、上手になって欲しいです。

(追記 2013-07-19 23:41 あーりんさんの不満は、過保護で、門限が早くてつまらないと言う事です。門限は、基本的に明るい時間のうち。それをさださんがたしなめていました。コンビニの前に深夜でたむろする高校生。そんな仲間に入っちゃ行けない! と。あーりんさんは、ちゃんとわかってくれたかな?)

11曲目は「無縁坂」。板崎さんと一緒に唄います。さださんがバイオリンを演奏します。まじめに演奏するかと思いきや、「赤ちょうちん」に。さださんは、ギターの石川鷹彦さんが誘った! とおっしゃっていました。

12曲目は、「胡桃の日」。三代目 J Soul Brothersとのデュエットです。やっぱ、カッコいいなぁ。照明も派手派手で、すごかったです。

13曲目は、「Birthday」。ホッとしますね。リクエストの理由が、同僚が、今日、ご出産されたからとか。会場にも、7月17日誕生日の人が、沢山いました。

14曲目は、「道化師のソネット」。前ふりで、「サーカスの事故をきっかけにできた曲」と紹介した時点で、あちらこちらから、「あぁ〜」と言う声が聞こえてきました。私はわかりませんでしたけれど、古くからのファンの方は、すごいですね。

さださん自身、ゲストの曲を全曲引き当てるとは思ってなかった様で、8:15になったら、ゲストの人を一人ずつ呼んで、一緒に唄うつもりだったそうです。ところが、全曲、当てちゃった!

さださんは、何か持ってるとか、何か降りて来たとか、冗談を言っていました。でも、本当にすごい引きです。この曲順は、抽選で引いた通りの曲順なのです。それが、そのままま完璧なセットリストに成っている! すごいです。

最後のトークは、東日本大震災で、ご主人を失い、その後の激務で片腕を失ってしまった看護婦さんの話でした。ご主人は、市役所の職員で、住民を助けるために、最後まで案内を続け、逃げ後れて亡くなってしまったそうです。そのご主人と知り合ったのは、中学校の時。それ以来、ずっと好きだったのに、震災で亡くしてしまっって…。ご主人も、さださんが、好きで、一緒にコンサートに良く行っていたそうです。もう、二度とさださんの曲を聴く事も無いと思っていたのに、さださんの慰問コンサートでリクエストした「奇跡〜大きな愛のように〜」。15曲目でした。

これで、予定していた曲は終了。そして、鳴り止まぬ拍手。やがて、アンコールを促す拍手に変わり、さださんの登場です。

アンコールは、「風に立つライオン」でした。同じタイトルの小説を書いたから、買ってね〜と、ちゃっかり宣伝していました。

こう言う、スペシャルなコンサートの時は、セットリストが掲示されないのです。それがわかっていたので、しっかりメモしてきました。そして、当日のうちに、iTunesでプレイリストを作り、今日はiPod touchで、余韻に浸っていました。

4000回の、セットリストです。

  1. 主人公(天晴〜オール・タイムベスト〜) ○
  2. 精霊流し(天晴〜オール・タイムベスト〜) ○
  3. しあわせについて(Only Singles)
  4. 償い(天晴〜オール・タイムベスト〜)
  5. 雨やどり(天晴〜オール・タイムベスト〜) ○
  6. あなたが好きです(Only Singles)
  7. いのちの理由(天晴〜オール・タイムベスト〜) ○
  8. 落日(逢いみての)
  9. 桜散る(Glass Age)
  10. 秋桜(天晴〜オール・タイムベスト〜)
  11. 無縁坂(天晴〜オール・タイムベスト〜) ○
  12. 胡桃の日(天晴〜オール・タイムベスト〜) ○
  13. Birthday(天晴〜オール・タイムベスト〜) ○
  14. 道化師のソネット(天晴〜オール・タイムベスト〜)
  15. 奇跡〜大きな愛のように〜(天晴〜オール・タイムベスト〜)

E.C.

  1. 風に立つライオン(天晴〜オール・タイムベスト〜) ○

全部で、16曲。括弧内は、収録アルバムです。「天晴〜オール・タイムベスト〜」からの曲が多いですね。

本日の第4001回のコンサートにも行きたかったのですが、さすがに二日連続は、きつかったです。でも、曲名を @timeandtide36 さんに教えていただきました。ありがとうございます。

4001回のセットリストです。

  1. 主人公(天晴〜オール・タイムベスト〜) ○
  2. パンプキンとシナモンティー(天晴〜オール・タイムベスト〜)
  3. あなたへ(もう来る頃…)
  4. 童話作家(続・帰郷)
  5. 精霊流し(天晴〜オール・タイムベスト〜) ○
  6. デイジー(天晴〜オール・タイムベスト〜)
  7. 秋桜(天晴〜オール・タイムベスト〜)
  8. 関白宣言(天晴〜オール・タイムベスト〜) ○
  9. 献灯会(美しき日本の面影)
  10. 案山子(天晴〜オール・タイムベスト〜) ○
  11. 片恋(予感)
  12. きみのとなりに(CD無し)
  13. 空になる(もう来る頃…)
  14. 奇跡〜大きな愛のように〜(天晴〜オール・タイムベスト〜)

E.C.

  1. 風に立つライオン(天晴〜オール・タイムベスト〜) ○
  2. 遥かなるクリスマス(天晴〜オール・タイムベスト〜) ○

曲の終わりに付けた「○」は、私の直前予想結果です。結構、当たっていました。

4001回、アンコール2曲目の「遥かなるクリスマス」は、21日の参院選に対する、さだまさしさんからの強力なメッセージだと思います。他にも同じ事を思った方がいて、伝わる人には伝わったはずです。

憲法第9条を改正して、正式に軍隊を持たせようとしている政党に、日本をゆだねて良いのか? と言う。子どもを戦場に送り出す契約をしてしまって良いのか? と言う。

みなさんは、いかがでしょうか?

スタンド花も、沢山届けられていました。ひときわ目を引くのが、コレ!

さだまさし4000回スタンド花

「生さだ」からです。低予算番組なのに、こんな所に、お金を使ってる〜。(笑)

普通のスタンド花だと、1万5千円(1段)〜3万円(2段)ですが、これは、4万円以上はかかっていますね!

(追記 2013-07-19 00:55)

さださんが「上を向いたらキリが無い、下を向いたら後が無い」とおっしゃっていました。私は、今の自分を受け入れて、やれるだけの事をやろうと言う意味だと理解しました。

それと、パスポートを持っていき忘れて、代わりにメモ帳にスタンプを押しました。(泣)

(追記 2013-07-19 23:41)

あーりんさんファンのために、エピソードを追記しました。

(追記 2013-07-20 00:06)

「さだまさし国民投票」結果へのリンクを追加しました。

コメントを残す