プラスα空間

ブログ in お市 のーと

まさしんぐWORLDカーニバル(2/2)[訂正あり・追記あり]

まさしんぐWORLDカーニバル(1/2)に引き続き、コンサートレポートをお届けします。さだまさしオフィシャルサイト♪の注意書きによると、現在進行形のコンサートについては、コンサートの根幹に関わる掲載はNGとの事です。この「まさしんぐWORLDカーニバル」に付いては、28日のNHKホールが千秋楽でしたので、内容の紹介は問題無いと判断しています。

ただし、BSフジで6月に放送予定があるようです。また、DVDも発売されるようです。それを楽しみにしている方には、ネタバレになりますので、ご注意下さい。逆に、この記事を読んで、放送やDVDを見たくなるかも知れません。その判断はおまかせします。

「風に立つライオン」のあと、「まさしんぐWORLD カーニバル」のメインプログラムに移ります。このコンサートのテーマは、「70年代のさだまさし」でした。懐かしい唄がたくさんありました。初めて聴く唄も3曲ほどありました。

  1. きみのふるさと
  2. 絵はがき坂
  3. 案山子
  4. 異邦人
  5. 交響楽(シンフォニー)
  6. 転宅
  7. 晩鐘
  8. 吸殻の風景
  9. 胡桃の日
  10. 秋桜
  11. 飛梅
  12. つゆのあとさき(アンコール曲)

この頃の唄は、テープやCDでしか聴いた事がなかったので、生演奏を聴けて感動しました。音の迫力は当然ですが、照明などの舞台効果も素敵です。また、バンドの方達が演奏している所を見られるのも良いです。宅間さんのマリンバは、神業だと思います。

さださんの歌声と、バンドの楽器の音は、非常にバランスよくミキシングされて、スピーカから流れていたと思います。多分、ですけど…。

ここでも、心に残っている話をいくつか紹介します。トークの内容はメモしていないので、記憶違いがあるかもしれません。

さださんは、唄の間に挟むトークを、アイスクリームのウエハースの様なものと表現しています。冷たいアイスばかりを食べていると辛くなるから、時々ウエハースを食べたくなるでしょ? と。確かに、さださんの唄は、重いテーマのものが多いので、聴いていると辛くなります。トークで笑わせてくれて、丁度バランスが取れる感じです。さださんは、「ウエハースのおいしいアイス屋さん」と言われる事を気にしています。

「転宅」に付いての、読売新聞のオリジナルのページは見当たりません。削除されてしまったようです。それを転載している(と思われる)、新聞コラムまとめサイト: 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞)をご覧になられると良いかも…。仕事が少なくなってきた事に嘆いて、一家無理心中をしようとした事件に対するコラムです。人生には波があって、浮き沈みがあります。良い時もあれば悪い時もあります。今悪いからと言ってあきらめるのではなく、良くなる事に希望を持ちましょうと言うことです。確かに、そうだと思います。

船場吉兆の経営陣の行いに賛同するつもりはありませんが、確かに、倒れている者を蹴飛ばすのは良くない事だと思いました。「自分はそういうマネをしていないだろうか?」と考えてみた所、残念ながら私は、蹴飛ばす側にまわっている事が多かったような気がします。今度から、気をつけたいと思います。

船場吉兆でのマスコミの対応に混ぜて、横綱の「モーニング・ブルー・ドラゴン」の千秋楽での行動をやんわりと批判していました。

あぁ、まさしんぐWORLDカーニバルに行ったら、さだまさし35周年コンサートにも行きたくなってしまいました。コンサートに行くと、充電されるように感じました。トークで得る事も多いです。

私は、一昨年、さだまさしコンサートに行っていますが、これもまさしんぐWORLDコンサートです。

コンサートの場合は「まさしんぐWORLDコンサート」、劇の場合は「まさしんぐWORLDフェスティバル」と、チケット募集の際に案内されるのが
普通らしいのですが、今回は「カーニバル」です。さださんが、コンサートにするか劇にするか決心が付かずにチケット募集案内の印刷締め切り日が来てしま
い、困ったスタッフが「カーニバル」と名付けたとか…。

(追記 2009-01-10 16:08)コンサート放送記事。

コメントを残す