プラスα空間

ブログ in お市 のーと

「村松崇継 LIVE Vol.3〜青き海辺のカタルシス」レポートです

9月8日、村松崇継さんのライブに行ってきました。ライブに行くのは、実に4年ぶり。前回よりも、遥かに音楽の幅が広がった村松サウンドを聴くことができました。

村松崇継LIVE Vol3 billboard LIVE

会場は、bilboard LIVE TOKYOです。

村松崇継LIVE Vol3 ポスター

「青い海辺のカタルシス」のポスターも貼られています。

村松崇継LIVE Vol3 お花

ロビーには、お花がたくさんきていました。

私が有料コンサートのレポートを書くのは、次の理由からです。

  1. 自分の記録のため
  2. 他の方がレポートを読んで、次回は行きたいと思ってもらうため
  3. 行きたくても行けなかった人に報告するため

セットリスト

  1. 笑顔こそ最高のジュエリー (Lovely Notes of Life~ラヴリー・ノーツ・オブ・ライフ~)
  2. 繋がり始めた新たな糸 (青き海辺のカタルシス)(「8年越しの花嫁 奇跡の実話」オリジナル・サウンドトラック)

(MC)

  1. シドウノオト (青き海辺のカタルシス)
  2. コールドケース メインテーマ (連続ドラマW『コールドケース〜真実の扉〜』オリジナル・サウンドトラック)
  3. The Magic is Gone (Piano sings)

(MC)

  1. メアリのテーマ (青き海辺のカタルシス)(メアリと魔女の花 オリジナル・サウンドトラック)

(MC)

  1. カニーニとカニーノ (ポノック短編劇場「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」オリジナル・サウンドトラック)

(MC)

  1. Simple life (青き海辺のカタルシス)
  2. Innocent blue (青き海辺のカタルシス)
  3. No Other Love (Piano sings)
  4. 紙について思う僕のいくつかのこと (SPIRTIUAL OF THE MIND)

(MC)

  1. Starting over (青き海辺のカタルシス)

(MC)

アンコール

  1. いのちの歌 (青き海辺のカタルシス)

(MC)

  1. 京都〜悠久の時を超えて (京都~悠久の時を超えて(BS朝日『京都ぶらり歴史探訪』テーマ曲))

詳細

笑顔こそ最高のジュエリー (Lovely Notes of Life~ラヴリー・ノーツ・オブ・ライフ~)

好きな曲からスタートしました。CDに収録されているよりも、LIVEだとサウンドが広がって、迫力があります。

繋がり始めた新たな糸 (青き海辺のカタルシス)(「8年越しの花嫁 奇跡の実話」オリジナル・サウンドトラック)

ここで、MCが入りました。セリフは、メモと記憶を元に書いているので、正確ではありません。だいたい、この様な話をしていた程度でご理解ください。また、MC内容を書いている位置が曲と前後している場合があります。

ようこそおいで下さいました。これから、約1時間、楽しいお時間をお過ごしください。今回は、コラボレーションメニューを注文された方には、お土産としてオリーブオイルがあります。

村松崇継LIVE Vol3 コラボメニュー

コラボメニューです。パスタ(1,680円)を注文しました。めちゃウマです!

村松崇継LIVE Vol3 オリーブオイル

これが、お土産にもらったオリーブオイルです。帰ってから、ネットで調べたら、2千円近くします。パスタよりお土産のオリーブオイルの方が高い! 超お得!

シドウノオト (青き海辺のカタルシス)

私は見ていないのですが、「未解決の女」と言うドラマで使われている曲だそうです。

コールドケース メインテーマ (連続ドラマW『コールドケース〜真実の扉〜』オリジナル・サウンドトラック)

こちらもドラマの音楽です。村松さん、劇伴(劇場伴奏曲)の作曲を続けれおられます。素晴らしいです。

The Magic is Gone (Piano sings)

3曲続けて演奏された後、バンドのメンバー紹介がありました。

(ピアノを)弾いていて気持ちいいです。何しろ、バンドメンバーがすごいですから。良い音楽に引っ張られて、私も良い演奏ができました。

スケジュールを合わせるのが難しかったそうです。

メアリのテーマ (青き海辺のカタルシス)(メアリと魔女の花 オリジナル・サウンドトラック)

映画「メアリと魔女の花」からの曲です。

カニーニとカニーノ (ポノック短編劇場「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」オリジナル・サウンドトラック)

「メアリと魔女の花」の米林宏昌監督の短編アニメ「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」の音楽も村松さんが担当しています。沢蟹のカニーニとカニーノが暮らす水中の世界を表現するのに悩み、口笛を使うことを考えたそうです。

口笛奏者の分山貴美子(わきやまきみこ)さんが登場されました。真っ赤なドレスにカニの身みたいなイヤリングで、カニをイメージしているとお話しされていました。(笑)
そして、なぜか左肩に鳥さんが止まっています。笑

口笛でご一緒できると良いなと思っていました。本当にすごいんです!

こんなにハードルを上げて大丈夫なのかと思って話しを聞いていましたが、本当にすごいのです。口笛がどこから出てくるかわからないと表現されていましたが、本当にそんな感じです。本当に、水中の世界が見えたような気がしました。

Simple life (青き海辺のカタルシス)

曲紹介の時、村松さんが、Simple Life (シンプルライフ)を、

シンプルライス!

と、噛んでました。ご自分で笑っていました。滑舌の悪さは相変わらずです。笑

演奏の間、手拍子が巻き起こってました。

Innocent blue (青き海辺のカタルシス)

CDに収録されていますが、やはり生演奏は良いですね。

No Other Love (Piano sings)

すごい勢いで演奏されていました。

紙について思う僕のいくつかのこと (SPIRTIUAL OF THE MIND)

定番曲ですね。こちらも、すごい勢いで演奏されていました。私は、ステージ直結の最前列で、しかも村松さんにメッチャ近い席でした。演奏している様子が丸わかりです。鍵盤を見ずに弾いています。時々、目をつむっているのです。それなのに、弾き間違うことなく、完璧に演奏しています。完全に、演奏の世界に入っちゃっています。

3曲連続して演奏した後、MCだったのですが、曲紹介の時、息が上がっていました。

Starting over (青き海辺のカタルシス)

村松さんは今年の6月からシンガーソングライターとしても活動を始められています。今までは、インスツルメンタル、つまり曲だけですが、ピアノ演奏が歌を歌う代わりになっていたそうです。なので、歌を歌うのはスムーズにできたそうですが、歌詞を作るのが大変だったそうです。

歌うことで、より自分の想いをストレートに、気持ちを届けやすくなりました。

実際に、ご自身で歌うようになって、今までダメ出ししてきたのが、自分に跳ね返ってきたそうです。

この曲は、ドラマ「ラストチャンス 再生請負人」の主題歌です。ドラマは、信頼していた友人に騙されたりとか、色々あるそうで、村松さんは人を信じる事を曲にしたそうです。

いのちの歌 (青き海辺のカタルシス)

「いのちの歌」キター♪───O(≧∇≦)O────♪ ピアノのみの伴奏です。いいなぁ。

ドラマ「だんだん」で使われた曲です。作曲が村松崇継さん、作詞が「みやび」で、実は「みやび」は竹内まりやさんのペンネームです。

オリジナル歌手は茉奈佳奈で、後に竹内まりやさんがカバー、そして今回村松崇継さんがカバーです。作詞者と作曲者にカバーされるなんて、珍しいですね。

実は、「だんだん」が放送されていた時、村松さんのお父様は、病床でドラマをご覧になっていたそうです。

そんなお父様から「これからは、お前に任せる。お前なら、一人でやっていける。頑張れ」と認められたそうです。

自分で作曲した曲を、自分の声で伝えます。これからもずっと。

京都〜悠久の時を超えて (京都~悠久の時を超えて(BS朝日『京都ぶらり歴史探訪』テーマ曲))

最後に挨拶がありました。

お越しいただき、ありがとうございます。映画やドラマの劇伴に加え、シンガーソングライターとしても頑張ります。応援よろしくお願いします!

と言う事で、バンドメンバーと一緒に最後の曲が演奏されました。

ご本人のブログ

ギターの黒田晃年さん

コメントを残す