プラスα空間

ブログ in お市 のーと

やっとmacOS High Sierraにアップグレードしました

延び延びになっていた、macOSのアップグレードが終わりました。macOS Sierra (10.2)から、macOS High Sierra (10.3)へのアップグレードです。

準備

データのバックアップ

延び延びになっていた理由は、ディスクのバックアップ先の確保です。予備のHDDはあるのですが、他の用途で使っていて、空けられなかったりしていました。

Carbon Copy Creanerでバックアップしました。このアプリは最強ですね。有料ですが、無いととても不便です。

インストールメディアの作成

クリーンインストールするために、次の方法で、USBメモリのインストールメディアを作りました。

インストール

optionを押しながら起動して、macOS High Sierraインストールで起動します。最初、USBハブ経由だったのですが、エラーになったので、直挿ししました。無事起動しました。

ディスク初期化

起動後、ディスクユーティリティを開き、今まで使っていたシステムとユーザ領域を削除しました。APFSで初期化できるようになっていました。

インストーラ起動

あとは、インストーラに従って、インストールしてください。

設定

Usersパーティションの自動マウント

私は、次の理由で、システム領域とユーザ領域を別パーティションにしています。

OS Xでシステム領域とユーザ領域を別パーティションにし暗号化して使う

基本的に、macOS High Sierraでも同じ方法が使えます。ただ、ファイルシステム名が変更になります。

UUID=11111111-2222-3333-4444-555555555555 /Users apfs rw 1 0

また、ラベル名での設定ができることを知りました。私の場合、ラベル名を”Users_HD”にしています。”&nbsp”(ブランク)が入っている場合は、\040と指定します。

LABEL=Users_HD /Users apfs rw

インストール終了後に、アカウントを設定します。

移行ユーティリティ

移行ユーティリティを使って、アプリケーションなどを書き戻します。インストールしているアプリの量によって、時間がかわります。

macOS High Sierraからは、パスワードは移行されない様です。全アカウントに仮パスワードが付きます。初回ログイン時にパスワード変更します。

全アカウント共通のパスワードなので、複数人で使ってたら、他人のパスワードも変更出来ちゃうよね? 良いのかな?

ユーザデータの書き戻し

システムアカウントでログインして、ユーザーデータを書き戻します。やはり、CCCを使います。

確認

ログインして、リストアしたデータが見えていれば完成です。

ユーザーパーティションを分け、かつ暗号化していると、ログイン後に、パスワードを聞かれ、その後にユーザーパーティションがマウントされます。なので、ファインダの初期設定などが反映されません。パスワード入力無しに、自動マウントして欲しいのですけど、どうすれば良いのかな?

コメントを残す