プラスα空間

ブログ in お市 のーと

宛名職人Ver.23と連絡先.appを同期

宛名職人Ver.23を使っています。ちょっとバグっぽいところもありますが、まあまあ、使えています。悪くない感じです。

住所録としてデータの整理ができたので、macOS XやiPhoneでも活用したいところです。宛名職人の住所を、連絡先.appに転送して、iCloud経由で同期するのが便利です。

宛名職人Ver.23の機能としては、連絡先.appで更新された内容を、宛名職人Ver.23に書き戻す(同期する)機能がありますが、私は「宛名職人Ver.23」→「連絡先.app」の一方通行でしか使っていません。つまり、同期する前に、「連絡先.app」内の連絡先を全件消去しています。

また、同期する前に、一旦宛名職人Ver.23のデータベースを別ファイルにコピーして、それを同期専用に使っています。同期した後は、そのデータベースを捨てています。だって、同期するだけで(宛名職人Ver.23から連絡先.appに転送するだけで)、それまで140MBだったデータベースが190MBまで、50MBも増えちゃうんですよ? 一体、何が行われているのかわかりません。

「宛名職人Ver.23」→「連絡先.app」には、名前、住所、電話番号、メールアドレス、誕生日などの基本情報がコピーされます。写真が付いていれば、それもコピーされます。また、宛名職人Ver.23のタグ対応する、連絡先.appのグループがあれば、それと対応付けられます。宛名職人Ver.14の時には、グループの対応が取られなかったので、これは大きな進歩です。

同期手順

次の手順で宛名職人と連絡先を同期します。

  1. 連絡先.appバックアップ
  2. 連絡先全件削除
  3. 住所録ファイルコピー
  4. コピーしたファイルを開く
  5. 住所録同期
  6. タグ、グループ関連付け
  7. 同期動作確認
  8. 同期実行
  9. 連絡先内容確認
  10. 宛名職人終了
  11. コピーしたファイルを削除

詳細内容です。

1. 連絡先.appバックアップ

失敗した時のために、連絡先の全件をアドレスブック形式で書き出します。操作は、ファイル書き出す…連絡先をアーカイブ…です。

2. 連絡先全件削除

宛名職人から連絡先にコピーするだけにする(逆のコピーをしない)為に、連絡先の全件を削除します。操作は、連絡先を+aで全部選び、deleteを押します。削除していいかを聞かれますので、削除を押します。

3. 住所録ファイルコピー

ファインダーを操作して、宛名職人の住所録をコピーします。この操作は大丈夫ですよね? キーボードショートカットだと、ファイルを選んでから、+dでコピーされます。

なぜ、住所録ファイルをコピーしているかというと、次の理由です。連絡先との同期が終わると、宛名職人のファイルサイズが異常に増えるので、これを避ける為です。多分、同期に必要な何かを追加していると思うのですが、ファイルサイズが140MBから190MBに50MBも増えるなんておかしいです。私は、宛名職人→連絡先の一方通行でしか使わないので、同期に使った宛名職人のファイルは後で削除しています。

4. コピーしたファイルを開く

そして、コピーした宛名職人の住所録ファイルをダブルクリックして開きます。

5. 住所録同期

宛名職人のメニューで同期を選びます。操作は、住所録連絡先とシンクロ…です。

連絡先とシンクロ

そして、詳細設定ボタンを押します。

6. タグ、グループ関連付け

詳細設定ボタンを押すと、この画面になります。記憶した組み合わせを無視する連絡先のグループと宛名職人のグループを指定するにチエックを入れます。これで、宛名職人のタグと、連絡先のグループが同じ名前の物同士が連携します。

同期詳細

その後、次へボタンを押します。「シンクロ対象を更新」の画面になるので、しばらく待ちます。

シンクロ対象を更新

7. 同期動作確認

確認画面が出るので、「宛名職人のデータを連絡先に追加…」になっているのを確認します。大変ですが、最初は、全件調べた方が良いと思います。

同期の確認

8. 同期実行

更新ボタンを押して、同期を実行します。

同期実行中

9. 連絡先内容確認

連絡先に住所録の内容がコピーされている事を確認します。

連絡先.app

画像を縮小しているので、読めるかどうかわかりませんが、スマートグループには「緊急連絡先SG」(SG: Smart Group)としています。これは、普通のグループと名前を変えて、同期がおかしくなるかもしれない事を予防するためです。

10. 宛名職人終了

宛名職人を終了します。

11. コピーしたファイルを削除

コピーした宛名職人の住所録ファイルを削除します。

同期結果

宛名職人で登録してある写真も、連絡先にコピーされるはずですが、私の環境では、何件か写真がコピーされませんでした。宛名職人で、写真をCtrl+xで削除(カット)した後、Ctrl+ vで貼り付ける事で回避しました。この作業で、宛名職人の中の写真保存形式が変わるのでしょう。

すべての写真が同期できない訳ではありません。同期できていない写真を探すために、次の方法を取りました。

まず、宛名職人で写真付きの物をスマートグループで検索しておいて、タグ付けしておきます。連絡先にも同名のグループを作っておきます。この時点で保存して、住所録を閉じます。

上記の作業で、上記の方法で連絡先と同期すると、写真付きのグループに、該当する人達が入っています。これを一人一人、連絡先.appで写真の有無を確認します。「写真付きグループ」の中で写真が無いものを見つけたら、宛名職人で、写真を一旦カットcmd+xし、ペーストcmd+vします。

この作業が終わったら、再度住所録を保存して閉じます。そして、再度、上記の同期をします。連絡先の写真付きのグループを確認して、写真が付いていれば、OKです。

この記事では、宛名職人から連絡先への登録について説明しています。

逆に、連絡先から宛名職人への人の登録ですが、私はVCARD経由での手動です。一度、宛名職人での同期も試したのですが、同性同名の登録などがあり(運用上の問題です)、上手く行かなかったのでやめました。

連絡先に追加する時は、メモ欄に「未登録」と書いておいて、連絡先のスマートグループで抽出しています。

未登録スマートグループ

宛名職人Ver.15、Ver.16も持っているのですが、これらは住所録をexportする時、年賀状の履歴を書き出せないという決定的な不具合(仕様)がありました。宛名職人Ver.23では、コンタクトXML形式で、年賀状の履歴を書き出せる様になっています。

http://oichinote.com/plus/2016/12/atena-shokunin-ver23.html

宛名職人Ver.23には、ちょっと、動作的に不安定な感じも残りますが、宛名職人Ver.14の同期よりも格段に良くなっています。これで、宛名職人Ver.23が普段使いのアプリになりました。

コメントを残す