プラスα空間

ブログ in お市 のーと

WordPressで投稿テンプレートを使う[追記あり]

先日、次のページを開設しました。

これらの各ページは、投稿内容がほぼ同じです。書く内容が決まっているので、記事を書く時にテンプレートが使えると楽です。検索したら、ありました。

“TinyMCE Template”プラグインです。TinyMCEと言うのは、WordPressのWYSIWYGなエディタ環境です。記事編集画面の「ビジュアル」タブで見える状態です。このページにテンプレートを使う事ができる様になります。このプラグインをインストールすると、TinyMCEの機能の一つとして、テンプレートを呼び出す事ができます。

上記記事では、非公式(?)テンプレートだった様ですが、今では公式プラグインとしてダウンロード/インストールできます。

インストールしてネットワークで有効化すれば、マルチサイトの場合でも全く問題なく使えます。このプラグインは、データベース(MySQL)にアクセスするのですが、マルチサイト対応になっている様で、ネットワークで有効化で問題が出ません。

インストールが終わると、ダッシュボードにテンプレートができるので、ここからテンプレートを登録する事ができます。

テンプレートメニュー

ここから新規追加しても良いのですが、既存記事からテンプレートを登録する事もできます。

記事執筆中なら、画面右側に新規テンプレートにコピーと言うリンクができているはずです。(新規投稿ではなく、一旦保存して、編集で開いた場合)

新規記事から新規テンプレート

投稿一覧表示中なら、各記事のところにカーソルを合わせると、新規テンプレートにコピーと言うリンクができている事がわかります。

投稿一覧から新規テンプレート

これらのリンクを開くと、テンプレート編集ページが開きます。修正後公開する事で、テンプレートを使う事ができる様になります。

新規テンプレート公開

投稿や固定ページの「公開」に似ていますが、テンプレートが直接外部から見える様になる訳ではありません。あくまでも内部用です。

似ていて当たり前で、テンプレートはpost_typeに”tinymcetemplate”と言う種類の記事の一種として保管されています。phpMyAdminで見ると、次の様になっています。

post_typeはtinymcetemplate

WordPressの既存のデータベース構造を利用する、なかなか、良いアイデアだと思います。

この後、通常の投稿や固定ページの「ビジュアル」編集画面で、次のボタンを押します。

TiniMCE

そうする事で、テンプレートが開きます。先ほどの、ねんど作品ギャラリーのテンプレートは、次の様になっています。

テンプレート

OKを押す事で、編集画面にコピーされます。後は、通常の記事と同様に編集できます。

ちょっと残念なのが、カテゴリーがテンプレートに登録されない事です。

カテゴリー

自分で、記事のカテゴリーを設定する必要があります。

TinyMCEの機能として作られているので、TinyMCEの編集画面が出てくる所なら、どこでも使えます。カスタムフィールドテンプレートのテキスト編集画面でも使えます。

これは、なかなか使い勝手の良いプラグインです。

(追記 2014-08-23 20:21)

「読書ノート」もテンプレートを使用しています。

コメントを残す