プラスα空間

ブログ in お市 のーと

東武デパートの「サクラサク」「残春」展に行ってきました

映画「サクラサク」が本日、封切りになりました。観に行かれた方はいらっしゃるでしょうか?

東京池袋の東武デパートで開催されている、「さだまさし原作映画『サクラサク』&主題歌『残春』展」に行ってきました。

サクラサク/残春展

東武デパートのウェブサイトには掲載されておらず、次のところから情報を知りました。ありがとうございます。

映画「サクラサク」とその主題歌「残春」に特化した展覧会でした。

会場には、次の物が展示されていました。

後は、いつも通り、CDやDVDとグッズの販売です。

映画台本と小説の比較が面白かったです。小説も台本も、多分、田中光俊監督の物です。小説には、付箋とアンダーラインがぎっしり! 台本にもぎっちり書き込みがあります。田中監督は、本当に小説を読み込んだみたいで、ちゃんと言葉を拾っています。

福井県でのロケ地マップがなかなか良かったです。行ってみたいなぁ。

一昨日、文化放送で放送された「春満開! さだまさし~サクラづくしの150分!」の中でも、さださんと田中監督の対談がありました。完成披露上映会のトークと被る内容や、それ以外の話も入っていました。

展覧会で展示されていた対談(「まさしんぐWORLD」Vol.244の5ページ)に書かれていますが、田中監督は、田中監督が映画で1時間47分かけて説明している内容を、「残春」ではわずか4分40秒で表現しているとお話しされています。まさに、そんな感じですね。

でも、この「残春」は、映像を観た後に「はまる」、パズルの最後のピースなのです。あの映像あってのこの唄です。

ぜひ、「サクラサク」を観に、映画館へ足をお運びください。

コメントを残す