プラスα空間

ブログ in お市 のーと

netatalkのベンチマーク

FreeBSD 9.1に、netatalk 3.1.0をインストールしました。

今まで使ってきたnetatalk搭載機のベンチマークを取ってみました。

シーケンシャルリード1GB

sequential read 1G

シーケンシャルライト1GB

sequential write 1G

ランダムリード512kB

randam read 512k

ランダムライト512k

random write 512k

ランダムリード4kB

random read 4k

ランダムライト4kB

random write 4k

解説

マシンスペックは、次の通りです。

CPUMemoryOSnetatalk
LANDISK HDL4-G2.0ARM 400MHz64MBDebian 3.12.0.2
PowerMac MDDPowerPC 1.25GHz2GBUbuntu 10.043.0.4
QNAP TS-412Marvell 1.2GHz256MB専用Linux 4.0.23.0.2
自作FreeBSDPentium 2.3GHz16GBFreeBSD 9.13.0.4
3.0.5
3.1.0

FreeBSDが、netatalk 3.0.4から3.0.5にした時に、劇的に速くなっています。これは、この間に、ディスクの構成を変更したからと推測できます。

netatalk 3.0.4のベンチマークを取った時は、HDDが1台でしたが、netatalk 3.0.5のベンチマークを取った時は、ミラーリングしたHDDを2セットの4台使っています。

ベンチマークは、次の記事と同様の方法で取っています。

FIOと言うツールで測定しています。

FIOによるディスクパフォーマンス測定方法は、次のウェブページを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

コメントを残す