プラスα空間

ブログ in お市 のーと

LANDISK Home HDL4-Gの冷却ファンを修理しました

LANDISK Home HDL4-Gは、上部フタに取り付けられた、2個のシロッコファンで冷却しています。

掃除しないと、ここに埃が詰まって、大変な事になります。

筐体内の温度が上がりすぎて、自動シャットダウンに陥ります。

掃除した後もアラームがなる事が何回かありました。良く観察した所、2個のシロッコファンの内の一つが止まりかけていました。シロッコファンが壊れてしまった様です。

アラームの頻度は高くないので、その後放置する事2年間。何とかしなければならないと思っていました。

構造が簡単そうなので、シロッコファンだけ手に入れば、自分で修理できそうです。

先日、IODATAのサポートに電話してみました。

修理料金表の、「ACアダプタ/電気基板/電源ユニット」を見て下さいとの事でした。う〜ん、「外装部品」の様な気もしますが…。どちらにせよ、最低修理料金は4,421円です。

シロッコファンを外してみたら、裏側に型番が書いてありました。

20111102hdl4_fan

EVERCOOLのEC5015L12E-Bです。この型番を元に検索すると、次のページを見つけました。

おぉ! ドンピシャじゃないか! 情報を寄せられた方、ありがとうございます。

AinexのRSF-04と言う、ロープロファイルのPCIスロットに付けるケースファンのファンが、同じ物なのだそうです。

1個、1,000円弱です。2個で、2,000円以内です

早速、ファンを買ってきました。壊れているのは1個だけですが、この際なので、両方交換する事にします。なぜなら、消費電力が小さくなっているのです。

20111102hdl4_fan2

元々付いていたのは12V 0.1Aで、買って来た物は12V 0.06Aです。

それに、同じ時期に交換した方が、後々面倒くさくないです。

RSF-04のコネクタと、HDL4-Gのファンのコネクタとは、形状が違います。

RSF-04のコネクタを途中で切り、HDL4-Gのファンのコネクタの配線とハンダ付けしました。ハンダ付け箇所には、熱収縮チューブをかぶせて、絶縁しています。

コネクタを付け替えた後、上部フタに取り付けました。シロッコファンを取り付けた時、なんだか、グラグラするなぁ〜と思いつつ、グイグイ締め付けました。

取り付け終わった後、上部フタをひっくり返してみてビックリ!

20111102hdl4_cover

見づらいと思いますが、4つの出っ張りができています。これは、シロッコファンを取り付けたネジの先端でできた物です。

え〜っ、なんで!?

取り外したシロッコファンを良く観察した所、ゴムのワッシャーが付いていました。

20111102hdl4_fan3

取り付ける時、このワッシャーを付け忘れた為、厚さが変わってしまったのです。

下手こいた〜! ア、ソレ、ア、ソレ、ア、ソレソレソレソレ、でも、そんなのカンケエねぇ〜。

(by 小島よしおさん)

って、古いネタでごめんなさい。

ま、いっか。やってしまった物は、仕方ありません。

冷却自体は、うまく行く様になりました。

今回の修理で、LANDISK Home HDL4-Gでやりたい事の一つをクリアしました。

【関連記事】

コメントを残す