プラスα空間

ブログ in お市 のーと

JavaScriptをdeferを使って遅延読み込みしてPageSpeed Insightsのスコア上昇

GoogleのPageSpeed Insightsのスコアを上げる努力をしています。きっかけは、無料ブログサービスのPageSpeed Insightsの比較をしたからでした。

かなり気になっているのが、「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する」です。見ると、JavaScriptとCSSが並んでいます。

Defer無しのPageSpeed Insights

レンダリングをブロックするリソースの読み込みを遅延させるか、非同期に読み込むか、これらのリソースの重要部分を HTML 内に直接インライン化してください。
Google PageSpeed Insightsより

まずは、JavaScriptに注目しました。検索のキーワードは「非同期」。調べると、”async”を指定すると、JavaScriptを非同期に読んでくれるみたいです。”async”に変更してくれる、WordPressのプラグインを試してみました。PageSpeed Insightsの警告は無くなりましたが、表示がおかしくなりました。

そして、さらに調べた結果、見つけたのが次のウェブページです。ありがとうございます。

WordPress 4.1から採用されているscript_loader_tagを使うと、簡単に”async”を設定できて、非同期読み込みの設定をできると書かれています。注目したのは、「引き延ばす」と言う意味の”defer”と言う単語です。jQueryに対応できるとか。これを設定すると、うまく行くのでは? と思い、試してみました。

ほぼ、そのまま利用させていただきました。ありがとうございます。

function replace_script_tag ( $tag ) {
    return str_replace( "type='text/javascript'", 'defer', $tag );
}
add_filter( 'script_loader_tag', 'replace_script_tag' );

このスクリプトを、テーマのfunctions.phpに追加します。そして、PageSpeed Insightsで測定しました。

ブログモバイルパソコン
prettyPhoto in footer6577
通常読み込み6878
defer読み込み7380

deferの指定がない場合に比べて、スコアが上がっています。そして、すぐに気が付くような副作用はありませんでした。

PageSpeed Insights変化

今回はWordPressで試していますが、通常のウェブサイトでも、JavaScriptの読み込みを”defer”に指定することで、同じ効果が得られると思います。

[amazonjs asin="B00UR988KS" locale="JP"]

コメントを残す