プラスα空間

ブログ in お市 のーと

自宅のひかり電話にかかって来た電話を携帯電話に自動転送[追記あり]

ひかり電話をエース契約で利用しています。

エース契約にセットされている、ボイスワープの設定をしてみました。

設定内容は、次の通りです。

次の手順で設定しました。

  1. 転送先携帯電話番号の設定
  2. 転送方法に「無応答時転送」と「話中時転送」を選択
  3. 無応答時転送の際の呼び出し秒数を設定

ひかり電話のボイスワープについては、次のページで解説されています。

このページの説明書通りに設定しました。契約電話回線から設定する場合です。

1. 転送先携帯電話番号の設定

1.1 転送先携帯電話番号の設定

  1. 142をダイヤルする(ボイスワープサービスに接続)
  2. 2をダイヤルする(転送先の電話番号の登録メニュー)
  3. 転送先携帯電話番号#(転送先の電話番号の登録)[/kbd]
  4. 1(登録確認)
  5. 電話を切る

1.2 転送先携帯電話番号の選択

  1. 142をダイヤルする(ボイスワープサービスに接続)
  2. 4(各種メニュー)
  3. 1(転送先リスト番号の選択メニュー)
  4. 1(転送先リスト番号の選択)
  5. 1(登録確認)
  6. 電話を切る

転送先は、1つしか設定していないので、転送先リスト番号は”1″となります。

2. 転送方法に「無応答時転送」と「話中時転送」を選択

ひかり電話のボイスワープは、次の4つの転送方法を選べます。

今回は「無応答時転送と話中時転送の併用」を選択します。

  1. 142をダイヤルする(ボイスワープサービスに接続)
  2. 1(サービス開始メニュー)
  3. 4(無応答時転送と話中時転送の併用)
  4. 電話を切る

3. 無応答時転送の際の呼び出し秒数を設定

デフォルトだと、無応答時間は、5秒に設定されています。自宅にいる時、5秒だと今一歩足りない感じなので、8秒に設定しています。

  1. 142をダイヤルする(ボイスワープサービスに接続)
  2. 3(呼び出し秒数メニュー)
  3. 8#(8秒に設定)
  4. 1(登録確認)
  5. 電話を切る

これで、自宅に電話がかかって来た場合、自宅電話が話し中、もしくは電話に出なかった場合、登録した携帯電話に電話が転送されます。

かなり便利です。

(追記 2013-08-09 22:33)

6秒でも短いので、8秒にしました。

コメントを残す