プラスα空間

ブログ in お市 のーと

WordPressで読書ノート(読書カード)[追記あり]

(追記 2014-04-19 01:36 改訂版を作っています。次の記事をご参照ください。)

旧ホームページからコンテンツを移動する時に、読書記録を何とかしたいと思っていました。

色々調べていると、WordPressのpluginで、次の物が使えそうな事がわかりました。

このプラグインを知ったのは、次の所です。

作者の方、紹介していただいた方々、ありがとうございます。

読書記録(読書ノート)は、次の様なカード形式で残す事にしました。

Reading Card

Plugin「Custom Field Templete」を使ってこの様な表示にするには、次の手順で設定します。

  1. Plugin「Custom Field Temple」をインストールする
  2. 「ダッシュボード」→「設定」→「カスタムフィールドテンプレート」を開く
  3. 「カスタムフィールドテンプレートオプション」を設定する
  4. 「[cft] and [cftsearch] Shortcode Format」を設定する
  5. 「投稿」または「固定ページ」を新規追加する
  6. 投稿エリアにShort code”[cft format=1]”を記入する
  7. 「カスタムフィールドテンプレート」内に記入する
  8. 「プレビュー」で確認後「公開」する

それでは、順を追って説明したいと思います。

1. Plugin「Custom Field Temple」をインストールする

これは説明不要でしょう。ダウンロードは、次の所からできますし、WordPressのダッシュボードからインストールしても構いません。

2. 「ダッシュボード」→「設定」→「カスタムフィールドテンプレート」を開く

これも、わかりますよね?

「TEMPLATE #0」にサンプルが入っています。消してしまっても構わないのですが、私は「無効」にチェックを入れて、そのまま残しておきました。

3. 「カスタムフィールドテンプレートオプション」を設定する

「TEMPLATE #1」に、次の三つの項目を設定します。

Custom Field Template Option

  1. テンプレートのタイトルを入れます。この場合は「読書カード」です。
  2. 投稿タイプを選びます。
  3. テンプレートで入力したい項目を設定します。

今回の場合、次の内容となっています。

[書名]
type = text
size = 50

[著者]
type = text
size = 35

[出版年]
type = text
size = 25
date=true
startDate = '1900/01/01'

[出版社]
type = text
size = 35

[価格]
type = text
size = 35

[読み始めた日]
type = text
size = 25
date=true
dateFirstDayOfWeek = 0
dateFormat = yyyy年mm月dd日
startDate = '1900/01/01'

[読み終えた日]
type = text
size = 25
date=true
dateFirstDayOfWeek = 0
dateFormat = yyyy年mm月dd日
startDate = '1900/01/01'

[心に残った言葉]
type = textarea
rows = 10
cols = 150
tinyMCE = true
htmlEditor = true

[感想]
type = textarea
rows = 10
cols = 150
tinyMCE = true
htmlEditor = true

“[]”の中が、入力項目とMySQL内の項目名(“wp_postmeta”の”meta_key”)になります。

漢字で入れると、MySQL内に漢字の項目名ができてしまいます。問題無いと思いますが、気にする方は英数字にした方が良いかも知れません。

その場合、入力項目がわかりにくくなってしまいます。その場合は、”label”で指定すると良いと思います。

[title]
type = text
size = 50
label = 書名

4. 「[cft] and [cftsearch] Shortcode Format」を設定する

最初私は、この項目に気が付かず、悩みました。この項目を設定する事で、実際の表示のされ方を決めます。

今回の場合、次の様にしています。

<table border="1">
  <tr>
    <th>書名</th>
    <td colspan="5"><strong>[書名]</strong></td>
  </tr>
  <tr>
    <th>著者</th>
    <td>[著者]</td>
    <th>出版社</th>
    <td>[出版社]</td>
    <th>出版年</th>
    <td>[出版年]</td>
  </tr>
  <tr>
    <th>価格</th>
    <td>[価格]</td>
    <th>読書期間</th>
    <td colspan="3">[読み始めた日]〜[読み終えた日]</td>
  </tr>
  <tr>
    <th>心に残った言葉</th>
    <td colspan="5">[心に残った言葉]</td>
  </tr>
  <tr>
    <th>感想</th>
    <td colspan="5">[感想]</td>
  </tr>
</table>

5. 「投稿」または「固定ページ」を新規追加する

これも、わかりますよね? 普通に新規追加して下さい。

6. 投稿エリアにShort code”[cft format=1]”を記入する

「カスタムフィールド」を表示したい所に、Short codeを記入します。formatの後ろの”1″が、”TEMPLATE #1″と言う意味です。

新規投稿

Short code”“は、また別のpluginです。他の機会に説明したいと思います。

7. 「カスタムフィールドテンプレート」内に記入する

カスタムフィールドの入力

  1. 「読込」を押します。
  2. 各フィールドを埋めます。
  3. 「保存」を押します。

8. 「プレビュー」で確認後「公開」する

これも、説明不要ですね。

これで、完成です。

(追記 2013-01-30)

“date”形式で、カレンダーで日付を選べます。過去の日付を選ぶには、オプションを追加しなければならなくなった様です。

startDate = '1900/01/01'

日付に関する部分に、記述を追加しました。

次のページを参考にしています。ありがとうございました。

(追記 2014-04-17 23:17)

「読書ノート」と言う呼び名が一般的らしいので、タイトルを変更しました。

コメントを残す