プラスα空間

ブログ in お市 のーと

ノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM2の使い勝手[追記あり]

今年の1月2日に購入した、ソニーのノイズキャンセリングBluetoothワイヤレスヘッドホンWH-1000XM2、すごくいいです!

WH-1000XM2

SonyノイズキャンセリングBluetoothヘッドホンWH-1000XM2を買いました

音が良い

本当に、音が良いです。非常にクリアに聴こえます。ノイズキャンセリングで、周囲の騒音がほとんど聴こえなくなるのも素晴らしいです。

音漏れしない

これが少し心配だったのですが、大丈夫でした。音量4つくらいまでだったら、相当近くまで近づいても、漏れてくる音が聴こえません。

長時間使える

バッテリー持続時間30は伊達じゃないです。電源ON時に、電源ボタンを短時間押すと、バッテリーレベルを喋ってくれます。”Battery Level : Low”の状態でも、しばらく使えます。”Battery Level : Low”になってから充電すれば、十分です。

アプリは使わない

専用アプリが用意されています。

ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドフォンWH-1000XM2を使ってみて(アプリ編)[追記あり]

このアプリを起動すると、聴いている状態に合わせて、ノイズキャンセリングモードを自動調整してくれます。でも、実際には使いません。行動に合わせてモードを変えるためには、一旦アプリをフォアグラウンドに持ってくる必要があります。それと、切り替わりのタイミングの調整が無理で、心地よいリスニング環境になりません。それよりも、手動でモード切替ボタンを押して切り替える方がいいです。

タッチセンサーは便利(追記分)

(追記 2018-02-11 10:24)

ヘッドホン右側はタッチセンサーになっています。音量の大小、曲送り、曲戻し、再生・停止ができます。操作が直感的です。ただ、音量を上げようとして、曲送りになってしまったりします。ちょっと慣れが必要です。

やはり便利なのは、右側を掌で覆うようにすると、ノイズキャンセリングが切れて、外部の音がほとんどそのまま聞こえるモードに切り替わる事です。電車に乗っている時の車内アナウンスを聞きたい時に便利です。到着駅のお知らせなど、ノイズキャンセリングモードでも聞こえるのですが、トラブル発生時のアナウンスを注意深く聞きたい時などに使っています。

コメントを残す