プラスα空間

ブログ in お市 のーと

iPhoneに250円でマクロレンズ増設[追記あり]

iPhone6Plusを買ってから、コンパクトデジカメを持ち出し忘れても、かなりの場面で救われました。非常に奇麗に撮影出来ます。

ですが、iPhone6Plusにも苦手な写真があります。その一つがマクロ撮影です。

インコ通常撮影

これが、何もしない時に近づける最大距離です。近寄って撮影しようとすると、次の写真の様に、ぼけてしまいます。

インコ近距離通常撮影

ところが、マクロレンズを使用すると、次の様にくっきり撮影出来ます。

インコマクロ撮影

その秘密がコレです!

ルーペのみ

(ドラえもんの声で)「むしめがね〜」。この虫眼鏡を、iPhoneに取り付けた状態です。

虫眼鏡を取り付けた状態

この取り付けに使用したのは…。

マジックテープ

(ドラえもんの声で)「マジックテ〜プ」。マジックテープを、虫眼鏡とiPhoneケースに貼付けています。裏に両面テープが付いている物を買いました。税込みで138円でした。これを、適当な大きさに切って、虫眼鏡とiPhoneに貼りました。

マジックテープを貼った所

ちなみに、マジックテープを貼ると段差ができるため、その段差解消のために、残りの3隅に、手持ちの戸当たりクッションを貼っています。

iPhone裏面

この大きさの虫眼鏡が単体で売られていたのではなく、100均(ダイソー)で虫眼鏡付きのとげ抜きを買ってきました。税込み108円です。

100均ルーペ付きとげ抜き

取り出すと、こんな感じです。

ルーペ付きとげ抜き

この状態から、虫眼鏡だけを切り取りました。カナノコで切っています。

ルーペ部分だけ切り取り

切り取った後、切り口をヤスリがけをして、奇麗にしています。

コンパクトデジカメで撮ったのではないと言う事を証明するために、Coolpixを撮ってみました。まずは、通常の撮影です。

Coolpix通常撮影

機種名部分を撮影しようと、iPhoneのカメラ部分を近づけると、ぼけます。遠くに写っている、ストラップ部分にピントが合っているのがおわかりでしょうか?

Coolpix近距離通常撮影

虫眼鏡を取り付けて撮影すると、このように、くっきりと撮影出来ます。ストラップ部分がぼけています。

Coolpixマクロ撮影

虫眼鏡とマジックテープ、合わせて約250円で、マクロレンズを増設する事ができました。

加工が面倒な方は、市販品をご購入下さい。

(追記 2015-01-16 07:39)

虫眼鏡が、マクロレンズになる事を発見したのは、偶然です。拡大撮影をしようと思い、手元にあったルーペをiPhoneのレンズを近づけたら、虫眼鏡をiPhoneのレンズとピッタリくっつける事でマクロ撮影ができる事に気が付きました。「100均の虫眼鏡でもできるのでは?」と思い、この方法に至りました。

でも、これは有名な話みたいです。購入した後、ウェブを検索した所、虫眼鏡でマクロ撮影をしている方を、たくさん見つけました。私が初めてではなかった様です。

コメントを残す