プラスα空間

ブログ in お市 のーと

単純作業を繰り返した方が、効率が良さそう

昨日から、ホームページ改修中なのですが、まだ終わりません…。でも、昨日よりは作業効率がアップしました。

今回の改修作業は、次の事を織り込みます。

昨日は、一つのファイル毎に、この作業をしていました。でも、やり漏らしがあったり、コピー作業の非定型な繰り返しだったりと、効率が上がりませんでした。

今日は、上記の作業毎に、全ファイルに渡って繰り返すと言う方法をとりました。一つの作業を一つのファイルに施し、同じ作業を次のファイルで施すと言う事です。

こうする事で、作業が単純化され、やり漏らしや間違いも入りにくくなります。

そう言えば、パソコンを始めた頃は、パソコン雑誌からプログラムを打ち込むと言う事をしていました。プログラム中で似た部分の繰り返しがあると、繰り返し部分をとり合えず必要な行数だけコピーして、その後カーソルキーを機械的(反射的)に動かしながら修正を加えていくと言う事をしていました。かなりのスピードで修正出来ました。実は、この方法は、今でも役に立っています。

今回の修正は、それよりも複雑なのですが、単純作業の繰り返しと言う事では同じです。単純作業の繰り返しの方が、効率が良さそうです。

一つ一つの全く違う動きをするプログラムを書く時(アルゴリズムを考える時)には、この様な単純作業にはならず、大変です。新たに物を生み出す効率を上げるって、どうすれば良いのですかね?

コメントを残す