プラスα空間

ブログ in お市 のーと

AppleWorks 6がSnow Leopardで起動できました、でも[追記あり]

iBook G4にインストールされていたAppleWorks 6を、移行アシスタントを使って、MacBook Pro (Early 2011) 13インチに移しました。

AppleWorks 6のアイコンをダブルクリックすると、Rosettaをインストールする様にとのダイアログが出ます。
20110518appleworks

これに従って、Rosettaをインストールしました。無事、AppleWorksが起動するようになりました。

AppleWorks 6なんて、すごく古いソフトなのに、最新のMac OS X 10.6 Snow Leopardで動くなんて、感動!!

ClarisWorks 4で作ったワープロ書類を開いてみました。おぉ、レイアウトもあまり崩れていない!!

でも、起動するだけで、実際に使おうとするとダメダメです。Command+Cでコピーしようとすると、「選択範囲の文字数が多すぎて再変換できません」となります。

20110518appleworks2

さすがに、だめか…。

AppleWorks 6.2.9とMac OS X 10.6.7で確認しています。

ファイル→別名で保存で、ファイル形式をHTMLにして、他のソフト(Wordとか)に移すしか無いですね。

AppleWorksは統合ソフトですが、結構使い出がありました。もう、新しいバージョンは出ないだろうな。Updatorも出ないだろうし…。

以前は、ClarisWorks 4 (英語版)、クラリスワークス 4(日本語版)も使っていました。

さすがに、Classicアプリなので、Snow Leopardでは動きませんけれど。

(追記 2011-05-19 00:32)

次のページにいろいろ有益な情報が載っています。

メニューからのコピーはできました。

「かわせみ1.1.1」を使うと、Command+Cも使えるらしいです。

ちなみに、AppleWorks 6の最新版Updatorは、次のところからダウンロードできます。

コメントを残す