プラスα空間

ブログ in お市 のーと

WordPressで映画鑑賞ノートを作る

WordPressで読書ノートを作っています。

最近、GYAO! で映画を見る事が増えたので、記録に残しておく事にしました。読書ノートと同じ様な作り方で、映画鑑賞ノートも作れるはずです。問題は、どう言う項目にするかです。次のウェブページの項目が良さそうです。ありがとうございます。

これを参考に、次の項目にしました。

Webでの利点を生かすために、Wikipediaへのリンクを張れるようにしました。映画作品は、たいていWikipediaに載っているので、より詳しい解説を知りたい時に便利です。

項目が決まったら、読書ノートの時と同じ様に、Custom Field Templateでフォーマットを作るだけです。「映画鑑賞カード」と言う名前で保存してあります。

[cft_cn_title]
label = タイトル
type = text
size = 50

[cft_cn_wikipedia_url]
label = Wikipedia URL
type = text
size = 256

[cft_cn_release]
label = 公開日
type = text
size = 25
date=true
dateFirstDayOfWeek = 0
dateFormat = yyyy年mm月dd日
startDate = '1900/01/01'

[cft_cn_director]
label = 監督
type = text
size = 50

[cft_cn_author]
label = 原作
type = text
size = 50

[cft_cn_writer]
label = 脚本
type = text
size = 50

[cft_cn_music]
label = 音楽
type = text
size = 50

[cft_cn_genre]
label = ジャンル
type = select
value = アクション # アドベンチャー # コメディー # SF # ファンタジー # ロマンス # ヒューマン # 青春 # ファミリー # アニメ # サスペンス # ミステリー # ホラー # ミュージカル # スポーツ # 戦争 # 歴史 # 伝記 # 時代劇 # 仁俠 # サイレント # ドキュメンタリー # その他

[cft_cn_location]
label = 視聴方法
type = checkbox
value = 映画館 # テレビ # レンタル # レンタル(ネット) # BD/DVD # 友人 # その他

[cft_cn_stars]
label = 評価
type = select
value = ☆☆☆☆☆ # ★☆☆☆☆ # ★★☆☆☆ # ★★★☆☆ # ★★★★☆ # ★★★★★

[cft_cn_date_finish]
label = 鑑賞終了日
type = text
size = 25
date=true
dateFirstDayOfWeek = 0
dateFormat = yyyy年mm月dd日
startDate = '1900/01/01'

[cft_cn_plot]
label = あらすじ
type = textarea
rows = 10
cols = 150
tinyMCE = true
htmlEditor = true

[cft_cn_impression_words]
label = 心に残ったシーン
type = textarea
rows = 10
cols = 150
tinyMCE = true
htmlEditor = true

[cft_cn_report]
label = 感想
type = textarea
rows = 10
cols = 150
tinyMCE = true
htmlEditor = true

グローバル設定は、次の様にしました。

グローバル設定

そして、表示の形式を決める[cft] and [cftsearch] Shortcode Formatについては、FORMAT #2に次の様に記載しています。

<?php $wiki = post_custom('cft_cn_wikipedia'); ?>
<table border="1" class="cft">
      <tr>
        <th>タイトル</th>
        <td colspan="5" class="cft-title">[cft_cn_title]</td>
      </tr>
      <tr>
        <th>原作</th>
        <td>[cft_cn_author]</td>
        <th>ジャンル</th>
        <td>[cft_cn_genre]</td>
        <th>公開日</th>
        <td>[cft_cn_release]</td>
      </tr>
      <tr>
        <th>監督</th>
        <td>[cft_cn_director]</td>
        <th>脚本</th>
        <td>[cft_cn_writer]</td>
        <th>音楽</th>
        <td>[cft_cn_music]</td>
      </tr>
      <tr>
        <th>Wikipedia</th>
        <td colspan="5"><a href="[cft_cn_wikipedia_url]" target="_blank">[cft_cn_title]</a></td>
      </tr>
      <tr>
        <th>視聴スタイル</th>
        <td class="cft-checkbox">[cft_cn_location]</td>
        <th>評価</th>
        <td class="cft-stars">[cft_cn_stars]</td>
        <th>視聴日</th>
        <td>[cft_cn_date_finish]</td>
      </tr>
      <tr>
        <th>あらすじ</th>
        <td colspan="5">[cft_cn_plot]</td>
      </tr>
      <tr>
        <th>心に残ったシーン</th>
        <td colspan="5">[cft_cn_impression_words]</td>
      </tr>
      <tr>
        <th>感想</th>
        <td colspan="5">[cft_cn_report]</td>
      </tr>
</table>

Custom Field Templateの使い方は、次のページがわかりやすいです。ありがとうございます。

“type = checkbox”を指定した場合、デフォルトでは”<ul>”のリスト形式となる様です。このままでは、縦に並んでしまうので、横並びになる様にしました。他、タイトルなどの体裁を含め、テーマのスタイルシートに記入しておきます。

.cft-title {
        font-weight: bold;
        text-shadow: 3px 3px 6px #ff7200;
        }

.cft-stars {
        color: #ffaf03;
        }

.cft-checkbox li {
        float: left;
        list-style: none;
        margin: 5px;
        }

.cft-checkbox :after {
        content: ".";
        display: block;
        clear: both;
        height:0;
        visibility:
        hidden;
        }

スタイルシートを書く際、次のページを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

Custom Field Templateの設定が終われば、実際に記事(投稿)を書いて行きます。投稿文に書くのは、Custom Field Templateのフォーマット番号だけで、いつも決まったフォーマットです。そう言う時は、次の方法が便利です。

次のテンプレートを作りました。

[cft format=2]

<h3>視聴記事</h3>

<ul>
        <li><a href="https://oichinote.com/plus/category/movie_and_tv">映画・テレビ : プラスα空間</a></li>
</ul>

<h3>映画鑑賞ノート</h3>

<ul>
	<li><a href="http://oichinote.com/life/cinemas">映画鑑賞ノート : アナログ生活</a></li>
</ul>

これらの設定をした上で、新規に投稿します。

まずは、テンプレートを挿入で、先ほど作った「映画鑑賞カード」のテンプレートを読み込みます。その次に、画面の下の方にあるカスタムフィールドテンプレートの読み込みで、「映画鑑賞カード」を読み込み、データを入力します。

映画鑑賞カード入力

入力が終わったら保存します。投稿結果が、次のように表示されれば成功です。

映画鑑賞ノート

実際に、いくつかの映画鑑賞ノートを書きました。過去に見た映画も、時間を見てデータベース化して行きたいと思います。

コメントを残す