プラスα空間

ブログ in お市 のーと

Lionに備えて、LaCieの2.5インチポータブルHDDを買いました[追記あり]

7月14日に、OS X 10.7 Lionが発表になるかもと言う噂がありましたが、外れましたね…。それと、同時に、新ハードも発表されるとか…。

Lionが発表された後にMacを買うと、そのMacは、Lion以降のOSでしか起動できません。つまり、Snow Leopardでは立ち上がらないと言う事。

Lionには、250を超える新機能が搭載されるとの事です。

でも、その裏で捨てられる機能もあります。

その中で私が一番困っているのが、LionにはRosettaが搭載されないかもしれないと言う事です。

手持ちのアプリで、結構、PowerPCアプリが残っているんだ…。たいていのソフトは、替えがあります。でも、NIKONのフィルムスキャナが使えなくなるのは困ります。

PowerPCアプリから抜けられない方は、Mac OS X 10.6 Snow Leopardで動くMacを買っておいた方が良いと思います。買うとしたら、新ラインナップに置き換わり済みの、MacBook ProかiMacでしょうね。

Lionは復元パーティションを持っています。私は、今、へんてこなパーティション構成になっています。この状態で、Lionをインストールしようとしたら、どうなるのだろうか…。

でも、OS X Lionをなるべく早く使ってみたい〜。

1.5TBの外付けHDDは持っています。

この中は、もうグチャグチャになっていて、あまり手を入れたくありません。この中のデータも、奇麗にしたい…。

MacBook Pro側のディスクが大文字小文字を区別するフォーマットになっています。外付けHDDは、大文字小文字を区別しないフォーマットになっているので、TimeMachineのバックアップ先に選べません。困った〜。

今ある外付けHDDをちゃんと使うなら、一度中身を退避して、フォーマットし直すしかありません。

それと、3.5インチドライブなので、AC電源が必要です。せっかく、MacBook Proの機動性が活かせません。

これらの問題をすべて解決するには、2.5インチの外付けHDDを買うしかなかったです。

いろいろ悩んだ末に選んだ物がこれだ!

1(ワン)

2(ツー)

3(スリー)

Amazonで注文して、翌々日には届きました。はえ〜。

思っていたより、大きくて、ビックリしました。iPod touchとの比較写真です。

20110718lacie_ipod

2.5インチドライブで、インターフェースとしてFW800を持ち、AC電源不要、容量1TBクラスと言ったら、あまり選択肢がありません。

比較表を作ってみました。

LaCie
rugged triple
秋葉館
Macbeth Mini
iomega
eGo
サイズ90 x 25 x 145 [mm]78 x 24 x 125 [mm]95 x 24 x 149 [mm]
価格17,729円16,990円19,800円
利点対衝撃性安い
FW800x2
対衝撃性
FW800x2
欠点大きい
FW800x1
電源スイッチがある
WDドライブ
高い
大きい

実は、比較表を作ったのは、購入後です。

対衝撃性はそれほど重要では無いかもしれません。保険的な要素が高いです。1,000円程度で、安心が買えるなら良いかなと…。

私的には、Macbeth MiniがWesternDigitalのドライブと言うのが気に入らなかったです。昔WDの外れを引いてしまい、クラッシュした事があるので…。これは、思い込みなので、現在はどうなっているか、わかりません。

かといって、LaCieやiomegaがどこのドライブを使っているか、わからないのですけれど…。検索したのですが、わかりませんでした。

Macbeth Miniに電源スイッチがあると言うのも、マイナスポイントでした。なにげに、電源スイッチは面倒です。

ま、いいや〜。買っちゃったし。それと、対衝撃カバーのオレンジ色が気に入っています。

(追記 2014-03-08 16:25)

次の物も良いと思います。私は、これも持っています。

【関連記事】

コメントを残す