プラスα空間

ブログ in お市 のーと

UDトークで認識した音声をZOOMの字幕に送る

UDトークに新機能が追加されて、音声認識結果を、ZOOMの字幕として送れるようになってました。すごい! 私も試してみたところ、うまくいきました。簡単です。

最近、ZOOMが大流行りですね。使い慣れると、便利です。ZOOMには、字幕機能があり、人が入力した内容を、一斉に送信できることを知っていました。

聴覚障がい者がZOOMに参加するとき、この字幕機能で内容を送ってもらえると、内容を理解できます。でも、上記のように、字幕を手入力する必要があります。これはとても大変。要約筆記を学習した人でないと、ほぼ無理でしょう。

下記のページで、それを解決する方法を知りました。ZOOMとUDトークと呼ばれる音声認識アプリを組み合わせるのです。

UDトークの説明は、こちらです。

UDトーク

もともと、ZOOMの字幕機能には、API(Application Programming Interface)経由で受けっとたデータを、字幕として送出する機能があるようです。APIとは、アプリケーション外部から内部へアクセスするための取り決めです。ZOOMの外で作られて字幕データを、ZOOM内に取り込んで字幕として使っています。

すごい。セキュリティ界隈で叩かれまくっているZOOMが、アクセシビリティに熱心だったとは!

こちらに丁寧な解説が載っており、この解説の通りに進めれば、字幕を送信できます。私も試してみました。

クライアントはiPad Pro 11で、ZOOMアプリを使用して、確認してみました。UDトークで認識された内容が、ZOOMに字幕として表示されています。赤枠ないですが、わかりますか?

iPad表示

音声認識精度は、UDトークを使われている方なら、おわかりかと思います。

手順をまとめ直そうかと思いましたが、この解説以上にわかりやすく書ける自信がありません。画面キャプチャ多めで解説します。

使用機材

私は、ZOOMを無料アカウントのまま使っています。無料でも、字幕機能が使えました。

ホストのZOOMは、専用アプリではなく、ブラウザで起動しています。

UDトークは、iOS版でないと、まだ字幕API機能に対応していないみたいです。iOS版も、バージョン119以降が必要です。

手順

  1. ZOOMのマイアカウントの設定で、「字幕機能」をONにする
  2. ZOOMをホストとして起動する。無料アカウントでもOK
  3. 字幕ボタンを押す
  4. URLをクリップボードにコピーします。ボタンを押す
  5. UDトークで、「トークを始める」
  6. UDトークのメニューをタップする
  7. UDトークの外部字幕サービス連携をタップする
  8. 字幕を送信するをONにする
  9. コピーしたURLを、UDトークアプリに貼る
  10. iPhoneに向かって話しかける

ZOOMのマイアカウントの設定で、「字幕機能」をONにする

字幕機能

ZOOMをホストとして起動する。無料アカウントでもOK

ZOOMのホストをしたことがある方ならわかりますよね。省略します。

字幕ボタンを押す

字幕ボタン

URLをクリップボードにコピーします。ボタンを押す

字幕API URL

赤枠のURLをクリップボードにコピーします。ボタンを押します。

字幕URLコピー完了

コピー完了しました。このURLを、UDトークを動かすiPhoneに持っていきます。iCloudで連携しているなら、ユニバーサルクリップボード経由でmacOSからiPhoneに持っていけます。

字幕URL画面

ZOOMのこの画面で、「サードパーティーのCCサービスを利用する」を押しても、APIのURLがコピーされます。

UDトークで、「トークを始める」

トーク開始

UDトークのメニューをタップする

トーク画面のメニュー

UDトークの外部字幕サービス連携をタップする

外部字幕サービス

字幕を送信するをONにする

字幕オン

コピーしたURLを、UDトークアプリに貼る

字幕API貼り付け

iPhoneに向かって話しかける

トーク画面

コメントを残す