プラスα空間

ブログ in お市 のーと

UDトークで認識した音声をZOOMの字幕に送る(ホスト外協力者)

UDトークの新機能とZOOMの字幕機能を連携させて、ZOOMに字幕を出せることがわかりました。

下記のページで、それを解決する方法を知りました。ZOOMとUDトークと呼ばれる音声認識アプリを組み合わせるのです。

UDトークの説明は、こちらです。

UDトーク

もともと、ZOOMの字幕機能には、API(Application Programming Interface)経由で受けっとたデータを、字幕として送出する機能があるようです。APIとは、アプリケーション外部から内部へアクセスするための取り決めです。ZOOMの外で作られて字幕データを、ZOOM内に取り込んで字幕として使っています。

すごい。セキュリティ界隈で叩かれまくっているZOOMが、アクセシビリティに熱心だったとは!

私も試してみて、うまく行く事がわかりました。

UDトークで認識した音声をZOOMの字幕に送る

でも、字幕を送るのが、ZOOMのホストでしかできないんですよ…。と思っていました。実は、ホスト外の参加者であっても、ホストから字幕送信依頼を出してもらえば、代理で字幕を送る事ができます。

基本的な設定方法は、下記で丁寧に説明されています。

今回、ホスト外の協力者に、字幕をお願いする方法をまとめてみました。ホストは、macOSで動かしたChromeからZOOMにログインし、字幕をみているクライアントのiPad Pro 11です。字幕協力者はmacOSで動かしたFirefoxからZOOMにログインしており、その近くでiPhoneでUDトークを動かして、音声認識して字幕を送っています。

字幕オンiPad

使用機材

私は、ZOOMを無料アカウントのまま使っています。無料でも、字幕機能が使えました。

ホストのZOOMは、専用アプリではなく、ブラウザで起動しています。字幕協力者のZOOMも専用アプリではなく、ブラウザで起動しています。

UDトークは、iOS版でないと、まだ字幕API機能に対応していないみたいです。iOS版も、バージョン119以降が必要です。

手順

  1. ZOOMのマイアカウントの設定で、「字幕機能」をONにする
  2. ZOOMをホストとして起動する。無料アカウントでもOK
  3. ZOOMのホストが、外部字幕協力者へ依頼
  4. 字幕ボタンを押す
  5. URLをクリップボードにコピーする
  6. UDトークで、「トークを始める」
  7. UDトークのメニューをタップする
  8. UDトークの外部字幕サービス連携をタップする
  9. 字幕を送信するをONにする
  10. コピーしたURLを、UDトークアプリに貼る
  11. iPhoneに向かって話しかける

ZOOMのマイアカウントの設定で、「字幕機能」をONにする

字幕機能

ZOOMをホストとして起動する。無料アカウントでもOK

ZOOMのホストをしたことがある方ならわかりますよね。省略します。

  • ZOOMのホストが、外部字幕協力者へ依頼
  • 字幕入力に指定

    ホストが、参加者メニューから「字幕入力に指定します。」を選びます。

    字幕指定された

    指定がうまく行くと、[CC]アイコンが付きます。

    字幕ボタンを押す

    字幕協力依頼を受けた人には、メッセージとともに、字幕アイコンが見えます。

    字幕送信者に指定された

    次に、字幕ボタンを押します。

    字幕アイコン

    URLをクリップボードにコピーする

    次のダイアログが表示されます。

    サードパーティの字幕

    「サードパーティのCCサービスを利用する」をクリックします。

    コピーされた

    コピー完了しました。このURLを、UDトークを動かすiPhoneに持っていきます。iCloudで連携しているなら、ユニバーサルクリップボード経由でmacOSからiPhoneに持っていけます。

    UDトークで、「トークを始める」

    トーク開始

    UDトークのメニューをタップする

    トーク画面のメニュー

    UDトークの外部字幕サービス連携をタップする

    外部字幕サービス

    字幕を送信するをONにする

    字幕オン

    コピーしたURLを、UDトークアプリに貼る

    字幕API貼り付け

    iPhoneに向かって話しかける

    トーク画面

    コメントを残す