プラスα空間

ブログ in お市 のーと

採りたて野菜を即席石窯製のピザで食す

昨日、輪行していわき市に行ってきた理由は「畑と暮らしLab.」に参加してきたからでした。

いわき市で輪行

この日のプログラムは、夏野菜の収穫とピザ作りです。参加者は全員県外からの様でした。

農場

夏野菜の収穫

ミニトマトは鈴なりです。めちゃくちゃ沢山の実がついています。こんなの見た事ないです。実は、根に近い方から赤くなるのですね。

鈴なりミニトマト

ズッキーニの株がめちゃくち大きくなっていました。人と比べると、大きさが一目瞭然です。一株でこんなに大きくなるのですね。でも、あまり大きくなれないズッキーニもいました。

ズッキーニ

スイカも小さな実をつけていました。

スイカ

でも、一部は獣害に遭っていました。ネットが被せてあるのにです。ネットが被されていると、鳥害は防げるみたいです。

獣害に遭ったスイカ

カボチャは、獣害にあってしまっていました。前日の午前中の見回りではなんともなかったそうです。午後か夜中に食べられてしまったのでしょう。ほぼ全滅でした。黄色いタネが散らかっているのがわかりますか?

獣害に遭ったかぼちゃ

奇妙なのが、鳥害防止のネットをつけた物が集中してやられています。ネットをかけていないカボチャが無傷でした。カボチャは、ネットに入ったまま齧られた様です。猿ならネットを外して食べるとの事。イノシシなら通った跡が残るらしいですが、その形跡がありませんでした。う~ん。

かぼちゃ

ナス、ピーマン、シシトウも実をつけていました。大きくなった物を収穫しました。他、バジルの葉も収穫しました。

那須

これは長茄子です。他に、丸茄子、水茄子がありました。茄子が新鮮なので、トゲがピンとしていて痛いかったです。

ピーマン

これが、収穫した野菜です。ザルにいっぱい!

採れたて野菜

インスタント石窯でピザづくり

次は、石窯作りです。ネットに掲載されている手作り石窯を参考にされたとの事です。おそらく、次の物です。

ただ、事前確認の結果、最適化の余地がある事がわかったそうで、フィードバックが入りました。小型化と支えの追加です。確かに、ちょうど良い大きさで、網を支えるためのレンガの追加はグッドアイデアと思いました。

インスタント石窯

完成した石窯の中で火を起こします。火を起こす秘密道具として「文化たきつけ」が登場しました。灯油の染み込んだ着火材です。あっという間に火がつきます。

文化たきつけ

ピザは、事前に用意されたピザ生地の上に、これまた事前に用意されたピザソースを付け、その上に収穫した野菜、そしてベーコンを乗せて行きます。

焼く前のピザ

ピザは5分くらいで焼き上がります。ピザ生地が膨らんできて、チーズが溶けたら大丈夫です。乗っている物が生食でも大丈夫な物なので、心配ありません。

ピザ調理中

焼き上がった後、バジルの葉を載せます。お好みでタバスコをかけます。

焼きあがったピザ

メチャうまです。野菜が美味しいです。特にミニトマトが。お店のピザの様な見た目の綺麗さは無いですが、お店のピザよりもずっと美味しいです。外で食べるバイアスがかかっているかもですが。

次回は?

台風5号の影響が心配で、前日まで開催が危ぶまれていました。当日は、曇ったり晴れたりでしたが、農作業中は薄曇り、ピザを作っている間は陽が射すと言う、非常にありがたい状況でした。大人の充実した休日の過ごし方になりました。

野菜の収穫の後、少しだけ草刈りをしました。この草刈りの難易度が高いのです。雑草の中の大豆だけを残して、周りの雑草だけを刈ります。ちょっと忘れてしまいましたが、大豆と雑草を混在させるメリットがあるのだそうです。ただ、雑草の生育速度が速すぎたみたいで、雑草を刈る時期を逸してしまったとか。

今回は、6月に植えた苗から育った作物の収穫と、その採りたてをピザにして食べられると言うイベントでした。こんな楽しいイベントが、家庭菜園に関する勉強ができて、そして昼食付きでなんと2,000円です。これは行くしかないでしょ〜。

畑と暮らしLab.に参加してきました

今回のイベントのために、いろいろ準備されていて、非常にスムーズに進みました。石窯も前日に実験されていて、非常に使いやすい石窯に改良されていました。他、前日のピザ生地つくりとか、ピザソース作りとか、大変だったと思います。本当に頭が下がります。

次回は未定ですが、近いうちに第5回が開催されると思われます。次のページでぜひチェックしてみてください。

コメントを残す