プラスα空間

ブログ in お市 のーと

i7 2600K入手しました

先日、サーバーに使っているCPU Pentium G630Tが故障したとお知らせしました。

サーバーに使っているCPUが壊れたかも

このままではどうしようもないので、別のCPUを入手しました。使用しているマザーボードGiada MI-Z68Mは、Sandy Bridge世代にしか対応していないので、この世代のCPU限定です。つてを辿って、手に入れたのが、i7 2600Kです。

i7 2600K

今まで使っていた、CPUクーラーの最大TDPは82Wまででした。i7 2600KのTDPは95Wです。冷却能力が足りません。仕方がないので、新しく購入しました。EnermaxのETS-N31-02です。TDP 130Wまで対応しています。

CPUクーラー

AMD Ryzen AM4向けとなっていますが、intel LGA 115x、LGA 775にも対応しています。マザーボード接続アダプタに立てるピンの位置を変えることで、簡単に対応できます。

気になる性能(PassMarkで比較)ですが、次のグラフの通りです。今まで使ってきたCPUとの比較です。これまでの最速がMacBook Pro 15 Early 2011のi7 2720QMでしたが、それを超えています。壊れたCPU Pentium G630Tの約4倍の値です。

PassMark

ホストCPUPassMarkTDP(W)
Home Sever 2Intel Core i7 2600K8,49495
MacBook Pro 15 Early 2011Intel Core i7 2720QM6,11145
MacBook Pro Retina 13 Early 2015Intel Core i5 5257U4,37928
Home ServerPentium G630T2,11335

TDPに対するPassMarkをグラフ化してみました。これで見ると、今使っているMacBook 13 Retina Early 2015のi5 5257Uが優秀です。

パフォーマンス対TDP

コメントを残す