プラスα空間

ブログ in お市 のーと

Parallels12にFreeBSD11をインストール

今、NASとして使っているFreeBSDが10.0とサポート切れの状態です。そのため、次の問題が発生しています。

FreeBSD 10.0でpkg upgradeの後にエラー

FreeBSD+Netatalk+Sambaで試したい事があったのですが、上記のため、できませんでした。でも、よく考えたら、仮想環境のParallels12を持っているのでした。Parallels10からのバージョンアップ版です。

おおよそ、次の手順でインストールできます。

  1. FreeBSDの入手
  2. 仮想マシンイメージの変換
  3. 仮想マシンの作成
  4. 仮想マシンの構成のカスタマイズ
  5. 仮想マシンの起動

1. FreeBSDの入手

まずは、FreeBSDを入手しなければなりません。今時は、「仮想マシンイメージ」もリリースされているのですね。ParallelsでならVirtualPCの”.vhd”形式が使えるはずと思ってきて、”FreeBSD-11.0-RELEASE-amd64.vhd.xz”をダウンロードしてきました。

“.xv”と言うあまり見ない圧縮ファイルです。The Unarchiverと言うアプリで伸張できるみたいです。すでに、持っていました。

2. 仮想マシンイメージの変換

展開後、Parallelsで開こうとしました。ファイル新規…を開きます。そして、既存の仮想マシンを追加を押します。

既存の仮想マシンを追加

変換が始まったと思ったら、次のエラーになってしまいました。

変換エラー

画面のメッセージに従って、prl_convertに–allow-no-osをつけて変換しました。

mac:Parallels oichinokata$ /Applications/Parallels\ Desktop.app/Contents/MacOS/prl_convert FreeBSD-11.0-RELEASE-amd64.vhd --allow-no-os
Conversion progress: 100 %
The source third-party virtual disk was successfully converted to a Parallels virtual disk stored in /Users/oichinokata/Documents/Parallels/FreeBSD-11.0-RELEASE-amd64.hdd.
mac:Parallels oichinokata$ ls
FreeBSD-11.0-RELEASE-amd64.hdd	FreeBSD-11.0-RELEASE-amd64.vhd

3. 仮想マシンの構成の作成

無事に、変換が終了しました。新しく、”FreeBSD-11.0-RELEASE-amd64.hdd “ができました。このファイルを使うには、次のようにします。

ディスクイメージファイルからを選びます。

ディスクイメージファイルから

ソースなしで続行するにチェックを入れます。

ソースなしで続行する

すると、画面が変わります。

空の仮想マシンを作成することを選択しました

続行を押すと、OSの種別選択になります。

オペレーティングシステムを選択してください

FreeBSDを選択します。

FreeBSD選択

名前を変更し、インストールする前に構成をカスタマイズするにチェックを入れます。そして続行を押します。

インストールする前に構成をカスタマイズする

もしかすると、上の画面で、インストールする前に構成をカスタマイズするが無いかもしれません。その場合は、続行の後に、次の画面が出るので、インストールする前に構成をカスタマイズするにチェックを入れます。

インストールする前に構成をカスタマイズする

4. 仮想マシンの構成のカスタマイズ

カスタマイズ画面が開くので、ハードウェアハードディスク1を選択し、ソースを押して、先ほど変換した”FreeBSD-11.0-RELEASE-amd64.hdd”を選びます。

ハードディスク

CPUおよびメモリでは、デフォルトが256MBになっています。2GBくらいにしておけば良いと思います。

CPUとメモリ

ネットワーク1では、共有ネットワークになっています。物理ネットワークアダプタを選んだほうが良いと思います。

ネットワーク

設定が終わったら、カスタマイズウィンドウの左上の赤のクローズボタンを押します。すると、次の画面が見えます。

カスタマイズ終了

5. 仮想マシンの構成の起動

続行を押します。

仮想マシン起動

FreeBSDの起動画面が現れたでしょうか?

FreeBSD起動

起動したら、rootでログインできます。パスワードは付いていません。後は、FreeBSDの立ち上げ方法などを参照して、設定してください。

/etc/rc.conf, /etc/resolv.confくらいの設定が完了すれば、pkgコマンドが使えるようになるので、必要なパッケージをインストールしてください。

コメントを残す

INSERT IGNORE INTO `ra_title` (url, title, logtype, created_on, updated_on) VALUES ('http://oichinote.com/plus/2017/03/install-freebsd11-to-parallels12.html', 'Parallels12にFreeBSD11をインストール | プラスα空間', '0', NOW(), NOW()) :